MENU

元彼に連絡したいけどできない!怖い?辛いと感じるときに考えるべきポイント

※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

元彼に連絡したいけどできない……と、お悩み中の女性は多いのではないでしょうか。

今回は、復縁に向けて元彼に連絡したい女性へ、勇気を出すための考え方、具体的な復縁術や注意点などをご紹介します。

未練を伝えたら迷惑だと思われないか、好きだからこそ怖くなる人もいるでしょう。

迷いを振り切って行動したい方は必読ですよ。

目次

元彼に連絡したいけどできないときに考えるべきポイント

元彼に連絡したいけどできないときに考えるべきポイント

「あなたとやり直したい」と元彼に連絡したいけどできない。

動き出せない辛さの正体は、どんな連絡方法が正解か、何に注意すべきか、わからなくて不安だからかもしれません。

そこで、基本的な復縁術のポイントをお伝えします。

以下のように考えてみてください。

衝動的に会いたくなる気持ちは抑える

あなたが元彼に連絡したいのにできない状態は、復縁に有利に働く可能性もあるでしょう。

元彼とは衝動的に会わないほうが得策だからです。

衝動的にではなく計画的に会うのが、復縁の心構え。

気持ちを理性でコントロールする必要があります。

「今すぐ元彼に会いたい!」と気持ちが高まったとしても、勢いや思いつきで連絡するのは控えるべきです。

会うタイミングに関しては、あなたが会いたいときではなく、元彼の都合や時期を考慮して探りましょう。

連絡しても抱えている問題は解決しない

勇気と無謀は違います。

あなたが元彼に連絡したくてもできないのは、やみくもに連絡しても失敗するとわかっているからではないでしょうか?

外見のイメージが異性としての魅力に欠けるのか、会話中に元恋人の言葉を無視したことがあったのか、相手を怒らせる言葉や行動があったのか……。

別れるほどの経緯があったはずであり、過去の問題点を解消するのが先決です。

破局の原因になった点を克服できれば、「今度こそ元彼に連絡しよう」と前向きな気持ちになれる可能性も出てくるでしょう。

自分の気持ちと向き合ってハッキリさせる

元彼に連絡したいけどできない心境のときは、時間をかけて自分の気持ちと向き合い、ハッキリさせたほうがいいです。

連絡したくてもできない女性の中には、自分の気持ちがわからない状態に陥っている人も。

そのまま元彼に連絡したとしても、いい結果には結びつかない場合もあると考えられます。

  • 復縁したいのは本心から元彼を好きだからか
  • 誰かにそばにいてほしいだけではないか
  • 自立心がなく、恋愛に依存したいという可能性はないか

以上のことを、自分に厳しく問いかけてみてください。

答えがハッキリ出たら、連絡するかしないかを決断できるかもしれません。

元彼と復縁したい理由を明確にする

元彼に連絡したいけどできない女性には、復縁したい理由を明確にするようおすすめします。

なぜ元彼と復縁したいのかが明確でないと、連絡する意味がないからです。

復縁したらどうしたいのか、二人の未来を想像できるでしょうか?

「今度こそ長続きするカップルを目指す」「結婚を前提に真剣交際がしたい」など、明確なビジョンがあれば、勇気を出して連絡する価値があります。

一方で、将来への展望が全くないとしたら、諦めるのもりっぱな選択の1つです。

元彼に期待し過ぎている可能性もある

元カノが連絡したいのにできない心理状態に陥るのは、元彼に過度な期待をしているからという可能性もあります。

過度な期待とは、次のようなものです。

  • 思い出の中の元カレを美化して「これ以上素敵な人はいない」と決めている
  • 復縁失敗したら、他には恋愛のチャンスがないようなイメージを持っている

好きな人を特別な存在に感じるのは当然といえます。

しかし、期待が大きいと不安も大きくなる傾向も。

元彼も同じ人間に過ぎないため、相手を特別視しすぎないことも必要かもしれません。

不安が大きくなる元彼のSNSは避ける

元彼に連絡したいのにできない心理状態なら、元彼のSNSは避けたほうがいいでしょう。

SNSをチェックしすぎると、不安が大きくなりやすい傾向が見られます。

SNSは楽しめる余裕があるときにチェックして、自分がショックを受けやすい状況にあるなら距離をおくのが賢い使い方。

見ると情緒不安定になる場合は、元彼のアカウントをミュートにするのも手ですよ。

復縁したいなら冷却期間が必要になる

復縁を望んでいるなら、元彼に連絡する前に冷却期間が必須です。

元彼に連絡したくてもできないのであれば、今の状態を利用して冷却期間をおくといいでしょう。

冷却期間とは、元彼との連絡を断ち、会わない期間のことを指します。

冷却期間中は、復縁のことは一旦忘れて、仕事や趣味など他の活動に力を入れるのが良策です。

冷却期間をおくのは効果の高い復縁方法といわれており、ぜひ実行してほしい手段です。

元カノから連絡がきたときの男性心理は?

元カノから連絡がきたときの男性心理は?

元カノから連絡がきたら、元彼はどんな心理状態になるのでしょうか?

元カノからLINEやメールを受け取った元彼が何を感じるか、心の中でどんな反応が起きるかを知っておくと、復縁をうまく進められる傾向があります。

「連絡したいけどできない」という事態からの脱出にも役立つかもしれません。

円満に別れたなら受け入れやすい

円満に別れたカップルであれば、元彼は元カノからの連絡を受け入れやすい心理状態だと考えられます。

特にトラブルがなく、別れた直後に悪い記憶がなかったら、元彼は元カノからの連絡に警戒心を抱く理由がありません。

「なつかしい友人からの連絡」くらいの感覚で対応する可能性が高いですよ。

未練・復縁の気持ちがあると受け入れやすい

元彼側も未練があって復縁したい気持ちがある場合、元カノの連絡を受け入れやすいです。

元彼も、復縁に向けてあなたに連絡しようかと迷っていた可能性があります。

元彼が別れたことを後悔していないか、復縁の脈ありサインを出していないか、さりげなく観察してください。

言葉、態度、仕草、行動……。

相手に受け入れる気があれば、何らかのサインが表れる場合が多いです。

マイナス印象があると拒否したくなる

元カノから連絡がきたときの男性心理としては、マイナスの印象があって拒否したくなるケースがあるのも事実です。

男性が元彼女にマイナスのイメージを抱く理由には、以下のパターンが見られます。

  • すぐに感情的になるため、話し合いが成り立たない
  • 友達など周囲の人間に自分との関係を全部話す
  • 失恋で受けたショックを隠さず、不幸オーラを出す

心当たりのある女性は、連絡すると「重い」「うっとうしい」と思われるリスクも……。

相手に嫌いだと思われると復縁どころではないため、気をつけましょう。

元彼に連絡したいときの注意点

元彼に連絡したいときの注意点

あなたが元彼に連絡したいのにできない理由や、元カノから連絡を受けた際の男性心理を理解できれば、「連絡してみようかな」と少しずつ気持ちが前を向く人もいるでしょう。

ここで、元彼氏に連絡したいときの注意点をお伝えします。

「復縁したい」という衝動だけで行動しない

「復縁したい」という気持ちが大きくなっても、衝動だけで動かないよう、改めて注意してください。

復縁への行動には順番があります。

少しずつステップを踏むようなイメージで進む必要があるため、衝動に流されないことを意識しましょう。

一人では冷静になれず衝動に負けそうなら、信頼できる人にアドバイスを求めるのも手です。

元彼の状況を確認する

「元彼に連絡したい」と心が決まったら、元彼の状況を確認するステップに入りましょう。

今が連絡に適したタイミングかを判断する必要があります。

気持ちが不安定なときはSNSを見るのを我慢するのが得策ですが、「連絡しよう」と決断したならSNSが便利です。

元彼の仕事がたてこんでいないか、最近の人間関係など、SNSで元彼の近況をつかめるケースもあるでしょう。

重くならない内容の話題にする

復縁に向けた初回連絡で注意したい点は、重くならない内容で話題を選ぶことです。

「元気にしてた?」くらいの軽いノリでいいでしょう。

久しぶりの連絡で「あなたのことが忘れられなかった。

もう一度付き合ってほしい」のように深刻な告白調だと、相手の気分も重くなる割合が高いため、配慮が必要です。

最初から復縁を申し込まなくても、軽い感じでコンタクトすればいいとわかれば、連絡のハードルが低くなるかもしれませんね。

未練のある様子は見せない

元彼に未練ありげな言葉や態度を示さないのも、元彼に連絡するときの注意点です。

未練がましい態度をとらず、明るい雰囲気で連絡したほうが、復縁成功の確率が上がります。

未練がましい態度とは何でしょうか?

  • 恋愛や復縁以外の話題がない
  • 暗くて重い雰囲気
  • 連絡の頻度が高すぎる
  • LINEの返信や電話をじっと待っている

以上のような様子を見せないよう要注意です。

また、連絡の有無にこだわらず、仕事や趣味など他の活動も充実させて過ごしていれば、未練がましさはあまり出ないものでしょう。

メールやLINEの連絡は長文NG

元彼へのLINEやメールは、長文にならないよう配慮が必要です。

長文のメッセージがNGな理由をまとめておきます。

  • 未練がましい印象を与える傾向がある
  • 画面に長文がずらずらと並ぶと圧が強い
  • 長文は読みにくいし理解しづらい
  • 気軽に返事できない

以上の理由を頭に入れて、シンプルな文章を心がけましょう。

都合の良い関係にならない

元彼氏と連絡をとりあう際は、都合の良い関係にならないよう注意する必要もあります。

都合の良い関係とは何でしょうか。

  • 真剣交際ではない
  • 遊びたいときだけ呼び出す
  • 体の関係を持つ
  • 面倒になったら冷たくして距離をおく
  • 他に大本命の恋人や配偶者がいる

復縁するような様子を匂わせながら、上記の目的で元カノに返信してくる男もいるもの。

自分自身の心と体を守るために、最低限の警戒心は持ち合わせておきましょう。

元彼に連絡するならタイミングが命!

元彼に連絡するならタイミングが命!

復縁を望んで元彼に連絡するなら、連絡内容だけではなく、タイミングも重要です。

元彼に連絡するベストタイミングを3つご紹介しますので、「今だ!」と思ったときに実行してください。

自分の成長をアピールできる

元彼に連絡するタイミングは、自分の成長をアピールできると感じたときが効果的です。

今までの自分とは違う、努力して変化を遂げた! と自信を持ったとき、元彼に復縁アピールを始めるのがおすすめ。

人間として成長した姿で、相手と新たに出会い直すようなイメージを思い描けたらベストタイミングです。

自分は昔から何も成長していない……と感じるなら、連絡するタイミングではないのでは。

大好きな人へ連絡する前に自分磨きをして、自分を変える努力をしてから考え直すと、違った気持ちになるかもしれません。

相談を自然にできる

元彼に悩みや困り事を自然に相談できる心境のときも、連絡するのに適したタイミングといえます。

悩みを相談できる関係性にあるのは、心理的な距離が近い証拠です。

元恋人は自分のことをよく知っている人物なため、相談相手として選ぶのは自然なことでもあります。

「○○さん以外に相談できる人がいなくて」「男性側の意見を聞きたくて」などと一言添えて相談すれば、再会のきっかけを作りやすいでしょう。

誕生日・飲み会などのイベント

元彼の誕生日や記念日、飲み会などのイベントも、元彼に連絡しやすいタイミングです。

用事がないと連絡したくてもためらわれますが、お祝い事があれば「おめでとう!」と自然なかたちでメッセージを送れるでしょう。

冷却期間後の最初の連絡として良いタイミングであり、復縁成功者の多くが使っている手です。

元彼に連絡したいけど迷っているときは?

元彼に連絡したいという自分の気持ちと向き合ったし、元彼がどんな気持ちになるかも想像できたけど、まだ迷いが晴れないと悩む女性もいるかもしれません。

悩みが解決しない方は、以下の2つを考えてみてください。

連絡して得られる結果を考えてみる

仮に元彼に連絡したとして、得られる結果を考えてみましょう。

自分からアプローチをすれば、元彼があなたを受け入れるか拒否するか、結果がハッキリします。結果を知るのが怖いと感じても無理はないでしょう。

ただ、行動しなければ結果は出ません。

たった1本のLINEを送ったことから縁が繋がって、幸せをつかむ女性もいるのです。

元彼から返事がなく、無視されて終わるケースもあるのは否定しません。

しかし、ずっと不安を抱えているより、諦めがついたほうがスッキリする女性が多いようです。

友達に相談してみる

連絡したいけどできないときは、元彼とあなたの両方を知っている、共通の友達に相談することも検討しましょう。

復縁を実らせるには、冷静な判断力が必要です。

ところが、恋愛は冷静でいられなくなる心理現象であるため、なかなか難しいのです。

状況がよくわかっている人に相談できると心強いもの。

複数の友達に相談するのではなく、信頼できる人だけに打ち明けて、率直な意見を聞いてみてください。

まとめ

まとめ

元彼に連絡したくてもできないときでも、復縁に向けてできることは数多くあります。

別れた原因を解消し、自分の気持ちと向き合って、復縁する理由を明確にしましょう。

不安が大きいなら、元彼のSNSとの距離感を見直すのもおすすめです。

また、連絡したときの男性の本音について知っておくと、復縁を目指す上で役立ちますよ。

1つずつ心理的なブロックを取り除いていくイメージで、ぜひ取り組んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次