MENU

元彼が荷物を取りに来るのを先延ばし|心理は?返すタイミングとNG行動を解説

元彼が荷物を取りに来るのを先延ばし
※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

別れた元彼の荷物が手元にあると、どうすれば良いのか悩んでしまいますよね。

取りに来てと連絡をしても何だかんだで先延ばしにするのは、一体なぜなのでしょうか。

ここでは、元彼が荷物を取りに来るのを先延ばしにする心理や理由、返すタイミングなどについて見ていきたいと思います。

また、復縁したい場合の行動についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

目次

元彼が荷物を取りに来るのを先延ばしにする心理

元彼が荷物を取りに来るのを先延ばしにする心理

一緒に住んでいた場合はもちろん、そうではなくても別れた元彼の荷物が部屋にある…ということもあるでしょう。

すぐに取りに来ることなく、先延ばしにする男性の心理には、以下のようなものが考えられます。

あなたへの気持ちという点では、両極端ですね。

元に戻れる場所を確保したい

別れてからもあなたのことが好きというわけではなく、ただ単に「もしものとき」を想定して荷物を残しておくパターンです。

好きな人と上手くいかなかったときの保険として、あなたの部屋に自分の荷物を残しておくのでしょう。

もし新しい彼女と別れて1人になってしまったとき、あなたの部屋に自分の荷物があれば連絡をする口実になりますし、そこからまた関係が始まるのでは、と思っているのです。

残念ながら彼にとってあなたは都合のいい女であり、キープだと思われていることは間違いありません。

未練があり別れに納得していない

どんな理由であなたと彼が別れたのかはわかりませんが、彼はあなたと別れたことを後悔しているのかもしれません。

たとえ彼の方からあなたを振ったとしても、別れてから未練が出てしまったのでしょう。

あなたのことがまだ好きであるため、元彼はあわよくば復縁を望んでいるケースもあります。

あなたとやり直したい気持ちがあるため、あなたとの関係や繋がりをなくしたくなくて、わざと荷物を取りに行くのを先延ばしにしているパターンですね。

この場合、元彼は荷物のことであなたから連絡が来るのを待っていることも多いでしょう。

置いている荷物に執着がない

あなたと元彼が同棲していたのかにもよりますが、あなたの手元にある元彼の荷物とは一体何でしょうか。

本当に大切なものであれば、別れるときに持っていくはずです。

もしそうではなくても、必要なものなら取りに行くのを先延ばしにすることはありません。

つまり、彼にとってあなたのところに置いてある荷物は大したものではなく、いつ処分してくれても構わないと思っているのでしょう。

わざわざ別れた彼女のところに取りに行くほどの価値が、その荷物にはないというわけです。

別れた後は会いたくない

どんな別れ方をしたのかにもよりますが、別れたあとは何があっても会いたくない、関わりたくないと思っている男性も多いです。

男性からすると、あなたの気持ちが重すぎたり、しつこかったと感じている場合にこの心理になりやすいと言えるでしょう。

荷物を取りに行くためには部屋まで行かなければなりませんし、直接受け渡しをするならあなたと会わなければなりません。

荷物とあなたと会うことを天秤にかけたとき、荷物を失うほうがマシだと男性は判断したのでしょうね。

この場合、連絡しても音信不通になっていることも多いです。

面倒くさいので後回しにしている

荷物を取りに行くためには、元カノであるあなたと連絡を取りあったり、受け渡しの方法を決めたりしなければなりません。

男性にとって、この一連の流れがめんどくさくてたまらないのでしょう。

元々男性はマメに連絡を取り合うタイプではない人が多く、相手が元カノかどうかではなく、連絡を取り合うことそのものを嫌がる人も少なくありません。

面倒なやり取りを後回しにした結果、あなたの手元にいつまでも自分の荷物が残っている…という状態になってしまったというわけです。

復縁したい元彼の荷物を受け渡しするときのポイント

復縁したい元彼の荷物を受け渡しするときのポイント

別れた元彼とやり直したい、復縁したいという気持ちがあるのなら、元彼の荷物があるという状況はチャンスです。

荷物を返すという口実でLINEをしたり、会う約束もすることができます。

元彼の荷物を渡すときのポイントはこちらなので、目を通しておきましょう。

郵送せずに直接会って渡す

元彼に荷物を返す方法には、郵送もあります。

相手の住所を知っているなら、予定を合わせる手間もないため、郵送するのが手っ取り早いですよね。

しかし、復縁したいという気持ちがあなたの中にあるのなら、郵送ではなく直接会って渡すようにしましょう。

いきなり元カノから自分の荷物が送られてくると、大抵の人は「そんなに手元に置いておきたくなかったのかな」「会いたくないと思ってるんだろうな」と思うもの。

もし元彼があなたへの未練を抱えていたとしても、あなたに嫌われていると思ってしまうので、必ず直接会って渡すようにしてくださいね。

自然な笑顔で会う

別れた元彼に会うというのは、なんとなく気まずいもの。

友達だと割り切っているつもりでも、あなたの中に元彼とやり直したいという気持ちがあると、戸惑ってしまうのも無理はありません。

できるだけ、友人と会うときのような自然な笑顔を心がけていきましょう。

「元彼と会う」と必要以上に緊張せず、あくまでも友達と会うというスタンスを忘れないでください。

元彼があなたのことをどう思っているかは分からないので、未練があることを悟られるのは得策ではありません。

本心は隠しておくということを、徹底していきましょう。

家には入らない(入れない)

元彼の荷物を届ける、もしくは元彼に荷物を取りに来てもらうということもあるでしょう。

荷物がどのくらいあるのかにもよりますが、荷物を渡すという口実で部屋の中に2人きりになるのはNG。

部屋の中ならゆっくり話せると思うかもしれませんが、あなたと彼は別れていて、今は恋人同士ではありません。

付き合っていない男性を家に入れると、相手から軽い女だと思われる恐れもあるからです。

もし、荷物がたくさんある場合は玄関口にまとめておいて対応する、友人にも立ち会ってもらうなどして、元彼を部屋に入れることのないようにしてくださいね。

受け渡しのときには復縁を切り出さない

あなたの中には、元彼とやり直したい、復縁したいという気持ちがあると思いますが、今の時点ではその気持ちを悟られるべきではありません。

好きという気持ち、元彼への恋愛感情が残っていることが伝わってしまうと、元彼に警戒されてしまうからです。

別れた恋人が自分のことをまだ好きでいると思ったら、できるだけ関わるのをやめようと思ってしまいますよね?

それは男性も同じなので、荷物を渡すときには復縁の話は一切切り出さない、自分の気持ちを悟られないように気をつけてくださいね。

別れた後に荷物を返すタイミングは?

別れた後に荷物を返すタイミングは?

別れた元彼の荷物をいつ返すべきなのかは、意外と悩みの種になるもの。

荷物を返すきっかけやタイミングが分からない…と悩む人は、あなただけではありませんよ。

どんな別れ方をしたのかや、あなたと元彼の今の関係性にもよりますが、荷物を返すタイミングは以下を参考にしてみてください。

冷却期間が過ぎてからにする

別れた直後というのは、お互いにまだ冷静な判断ができる状態ではありません。

元彼に荷物を返すのは、ある程度時間が経ってからにするのがベターでしょう。

状況次第ではありますが、半年くらい経っていれば割とスムーズに話ができるようになっているのではないでしょうか。

しっかりと冷却期間を設けてから連絡をすることで、感情任せに対応するというリスクを防ぐことができます。

冷却期間を作るのは不安、心配という声もありますが、復縁はそもそも時間がかかるもの。

焦っても、良い結果になることは間違いなくありません。

元彼から連絡があったとき

元彼からLINEやメール、電話などで連絡があったときは、荷物を返す話をするチャンスでもあります。

自分からいきなり「あなたの荷物があるんだけど」と話を切り出すと、男性は「なんで今更?」と警戒してしまうもの。

あなたの中に復縁したい願望があるのであれば、元彼に警戒されることは避けたいですよね。

だからこそ、元彼の方から連絡して来たときに荷物の話を切り出すのがおすすめなのです。

元彼も、自分から用事があって連絡した以上、あなたに何かしらの思惑があると疑ったり警戒することはないはずですよ。

気持ちが整理できて再会の口実にしたいとき

元彼と別れた理由にもよりますが、失恋の痛手からなかなか立ち直れないという人もいますよね。

あなたの中で気持ちの整理がつくまでは、元彼とは連絡を取り合うべきではありません。

別れた悲しみから立ち直れていないと、せっかく連絡をしても良い方に進んでいかないことが多いからです。

時々、元彼に相談を装って連絡する人もいますが、それについても気持ちの整理がついて完全に立ち直ってからにしてくださいね。

気持ちの整理がつけば、元彼と会っても動揺することがなくなるので、再会する口実にしてみると良いでしょう。

荷物を先延ばしにする元彼と復縁したいときのNG行動

荷物を先延ばしにする元彼と復縁したいときのNG行動

荷物を引き取りに来るのを後回しにする元彼とやり直したい、復縁したいのであれば、やってはいけないこともいくつかあります。

ちょっといい感じだと思って焦ってしまうと、これまで築いてきた関係を壊すことにもなりかねないので、注意しましょう。

期限を決めずに待ち続ける

先程、元彼に荷物を渡すのは元彼から連絡がきたときが良いという話をしましたが、自分の中で期限を決めておかないのはNG。

元彼から連絡がくるかどうかは、はっきり言って誰にも分かりません。

あなたは連絡が来るのを期待して待っていても、元彼にその気がないというケースも少なくないからです。

あなたがひたすら待ち続けていても自然消滅状態になってしまったり、元彼には荷物を受け取りに行く気が全くないということもあるでしょう。

復縁したい気持ちがあるのなら、半年などと期限を決めておくことをおすすめします。

連絡がきたときに復縁を迫る

男性は、自分は好きな人を追いかけたくなるものの、自分が追われると逃げたくなってしまうもの。

たまたま元彼から連絡がきたとき、「やり直したい」などと返信するのはやめましょう。

どんな内容で元彼から連絡が来たのかはわかりませんが、元彼はすでにあなたとの関係は終わっていて、復縁するつもりなど全くないケースも多いです。

ここであなたが復縁を匂わせたり、言葉ではっきりとやり直したい旨を伝えてしまうと、元彼からはっきりと「無理」と切られてしまうのがオチですよ。

渡しに行く姿勢を見せてみる

元彼に荷物を渡す日程がなかなか決まらないときなど、しびれを切らして行動に移したくなる気持ちは分かります。

たとえば、仕事の帰りに持っていくよ、などと半ば強引に押しかける形で荷物を渡しに行く態度を見せるのは、絶対にNG。

元彼から返事が来なくてモヤモヤする気持ちは分かるのですが、元彼の気持ちを最優先に考えなくてはなりません。

なにかのきっかけで「荷物を返したい」と連絡したのであれば、少なくとも元彼から返事が来るまでは大人しく待つようにしてくださいね。

元彼の気持ちを客観的に見よう

まとめ

男性が元カノの所にある荷物を取りに行くのを先延ばしにする理由は、人それぞれです。

単純にめんどくさいと思っていたり、会う口実として残しておきたいと思っているケースもあるでしょう。

元彼の荷物があるうちは繋がっている、と感じるかもしれませんが、元彼にとってあなたのところにある荷物は全く思い入れのないガラクタということもあるので、冷静に判断することが大切です。

自分の気持ちばかりを優先せず、元彼の気持ちを客観的に見ていくことが、復縁を成功させる鍵だと言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次