MENU

元彼が誘ったら会ってくれる心理|復縁は脈あり?ヨリを戻すための振る舞いとは?

※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

元彼のことをたまたま誘ったら、遊ぶのをOKしてくれることもあるでしょう。

別れた元カノの誘いを受ける男性の心理や理由には、どんなものがあるのでしょうか。

誘いを受けてくれると復縁できるのでは、と思ってしまいますが、必ずしもそうとは限りません。

ここでは、元彼とヨリを戻すための方法や行動の仕方について紹介していきます。

目次

元彼が誘ったら会ってくれる心理

元彼が誘ったら会ってくれる心理

元彼のことが忘れられなくて、別れてから連絡をしてみることもありますよね。

返事をくれるだけでなく、「会おう」という誘いにOKしてくれると、つい復縁できるのではと期待してしまうもの。

結論を言うと、簡単に復縁できると判断するのは危険です。

友達として相談や愚痴がある

元恋人同士というのは、ある意味とても近く、気心の知れた存在です。

自分のことをよく知っているからこそ、気兼ねなく話せることもあるもの。

あなたの誘いに応じて会うことにしたのも、友達として仕事の相談がある、趣味について語り合いたいなどと思っているからかもしれません。

悩みを誰に相談するかは個人の自由ですが、自分のことを理解してくれている人に話したいと思うのは当然ですよね。

あなたとは元恋人ではあるものの、彼はあなたのことを何でも話せる友人というポジションだと捉えているのでしょう。

異性であっても、友達と会っているに過ぎません。

優しくて断り切れない

誰かから誘われたり何かを頼まれたとき、「断りたいのに断れない」人もいますよね。

これは性格的なものなので、仕方がありません。

断ったら相手が傷つくかも、可哀想な思いをさせるかも、といった感情が芽生えてしまい、あなたからの誘いも断れないのです。

また、あなたと別れたときのことを思い出してしまい、「悪いことをしたな」とでも思っているのかもしれません。

彼は優しい性格であるため、元カノからの誘いであっても断れないだけ。

あなたのことが好きだから、未練があるからというわけではないのです。

暇つぶし

あなたが元彼に連絡をしたタイミングが、たまたま彼にとって空いているときだったのかもしれません。

長い人生において、予定のない日というのはたくさんありますよね。

どんなに忙しい人であっても、たまたま今は暇だったのでしょう。

やることがなくて暇を持て余していた状況であるため、あなたからの誘いにOKしたのです。

もし、あなたがラインをした時点で何か予定が入っていたのなら、おそらく断られていたでしょう。

彼にとっては単なる暇つぶしであなたの誘いを受けただけですが、タイミングが良かったために期待してしまいますね。

元カノの今後が気になっている

別れた元カノのことであっても、人並みに心配する男性は多いです。

別れてからあなたが何をしてるのか、ちゃんと生活しているのかが気になってたまらないのでしょう。

自分のことを気にしてくれてる、と思うと脈ありなのではと期待してしまいますが、この場合は恋愛感情ではありません。

残念ですが、あなたの今や別れてから今までの時期に何をしていたのか、が気になっているだけ。

つまり、あなたの生き方に興味があるだけであり、これを恋愛感情と呼ぶのはやや疎かですよね。

彼はあなたではなくても、自分と関わりのあった人の今後が気になるタイプなのかもしれません。

一人で過ごすのが寂しい

あなたと別れてから、彼は今まで彼女ができずにいたのでしょう。

そして、あなたが連絡した日がたまたま自分の誕生日であったり、何かイベントの日だったのかもしれません。

こういう日に、一緒に過ごす相手がいないのは少し寂しいですよね。

彼女がいれば、あなたから誘われても普通に断っていたものの、たまたまフリーであったために誘いに応じたというわけです。

もしくは、振られた直後という可能性もあるでしょう。

あなたが知ってか知らずか、元彼に連絡をしたとき、彼はたまたま一人で過ごしたくないと思っていた瞬間だったのです。

キープしておきたい

あなたから連絡がきたとき、もしかしたら彼はあなたのことを「キープにちょうどいい」と思ったのかもしれません。

あなたが自分に好意を持っていることが火を見るより明らかであるのなら、迷いなくキープするでしょう。

自分のことを理解してくれていて、尚且つ元カノであるなら知らない人をキープするより都合が良いもの。

とはいえ、あなたが本当に自分に好意を持っていて誘ってきたのかが分からないため、それを確認するために誘いに応じたのです。

たとえ最初がキープであっても彼女にステップアップできるなら良いですが、そんなうまい話はありません。

部分的にあなたにいい所があったため、キープされているだけなのです。

下心がある

元カノの誘いに応じて会ってくれる男性は、あなたに対して下心があるケースも少なくありません。

単純に、あなたと身体の関係になることが目的で、それ以上の感情はありません。

誘ったら会ってくれるからといって、自分に対して恋愛感情があるわけではないため注意が必要。

男性からすると、過去にセックスの経験があるあなたとであれば、別れた今でも簡単に身体の関係になれるのではないかと思っているのです。

もしくは、あなたの友達のことが好きなど、あなたと仲良くしていれば好きな人の情報を得られるのではないかという下心があるケースもあるでしょう。

便利なセフレを期待している

男性の中には、彼女を作るのがめんどくさいと思っている人もいます。

彼女はいらないけどセックスはしたい、という場合、手っ取り早いのはセフレを作ること。

彼女とはデートをしたり、LINEのやり取りをしたりなどめんどくさい付き合いを続けなければなりません。

しかし、セフレであれば話は別。

わざわざ食事をしなくても、最初から体目当てで会うことができますよね。

めんどくさいことを全て省き、自分の好きなことだけをすることができるのがセフレのメリット。

あなたのことを、便利なセフレにぴったりだと思っているのです。

元彼がこのタイプの場合、優しさに騙されないようにしなければなりません。

あなたの魅力に改めて気がついた

付き合ってる頃には、あなたの存在は当たり前のものになっていて、魅力に気づかないケースも少なくありません。

しかし離れた今だからこそ、あなたが自分にとって理想の女性だったのかもしれない、と思ったのでしょう。

もちろん元彼の本音や本心は分かりませんが、あなたのことを改めて「いいな」と思い始めているからこそ、会ってくれたのでしょうね。

隣にいるときにはあなたがいることが当たり前になっていて、魅力に気づかないというのは割とよくあること。

別れてから時間が経ったことで、魅力に気づいたということです。

未練があり復縁したい

そして、あなたに対して元彼が未練を抱えている場合も誘えば会ってくれるでしょう。

あなたのことをまだ好きだった場合、元彼は別れたことを後悔しているはず。

本当はあなたのことをもっと大事にしたかったのに、それができずに終わってしまったことを後悔しているのです。

あわよくばやり直したい、という気持ちがありますので、あなたから連絡が来て会おうと言われて嬉しかったのでしょうね。

もし、元彼があなたに未練を持っている場合、別れてからもSNSのフォローを外さないなどの特徴がありますよ。

元彼に会っているときにどう振舞ったらいい?

元彼に会っているときにどう振舞ったらいい?

復縁したいという目的があるのなら、別れた元彼と会っているときはチャンスだと言えます。

このときのあなたの態度や対応の仕方によって、復縁できるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

だからこその注意点もありますので、目を通しておいてください。

気まずい空気を作らない

元彼との再会は、誰であっても不安ですよね。

しかし、だからこそあまり心配しているという雰囲気を出すのはNG。

そういう空気は元彼も感じ取りますので、一気に気まずさが漂ってしまいます。

一度気まずい雰囲気になってしまうと、元彼との再会は失敗。

復縁目的で会いたいと言ったのに、最初に気まずい雰囲気になってしまうと次に繋げることができません。

それほどまでに、「気まずい空気を作らない」ことは重要だと言えるでしょう。

あなたの態度や表情などで、一気に空気が変わってしまうことは珍しくないので、雰囲気作りには細心の注意を払っていきたいですね。

彼女ヅラしない

初めに念を押しておきますが、あなたと彼は今は付き合っているわけではありません。

前は付き合っていた恋人同士だったとしても、今は違います。

別れに納得しているかどうかは関係なく、「今は付き合っている恋人ではない」という事実を認めましょう。

別れてから誘って会ってくれると、つい「自分は特別なのかも」「彼も満更ではないのかも」などと思ってしまいますが、彼女ヅラするのは絶対にNGです。

大抵の場合、男性側にヨリを戻すつもりは現時点ではなく、あなたが彼女ヅラした瞬間その場はシラケてしまうでしょう。

自分は彼にとって特別な存在だと思いたい気持ちは分かりますが、謙虚な気持ちを忘れてはいけません。

話の聞き役に回る

元彼と再会したら、積もる話もたくさんあることでしょう。

あなた自身も、たくさん話したいことがあると思います。

しかし、元彼と再会したらできるだけ元彼の話の聞き役に回るとGood。

元彼の話を聞き、相槌を打ちながら返事をする程度にとどめましょう。

ここでは元彼の話を聞くことが目的なので、特にアドバイスをする必要などはありません。

あくまでも元彼の話をしっかり聞き、会話を繋げることがポイントなので、元彼と再会したら自分の話ではなく相手の話を聞くようにしてくださいね。

楽しい思い出を共有する

元彼と再会したときには、何としてでも「次に繋げる」ことがポイントです。

特にあなたには復縁したいという目的があるわけですから、元彼に「また会ってもいいかな」と思ってもらわなければなりません。

そのためにも、会っているときには楽しい思い出を共有しましょう。

付き合ってた頃の出来事を振り返るのもいいですが、楽しい思い出だけにしてくださいね。

おそらく大抵の場合、付き合ってた頃は楽しいことだけではなかったはずです。

喧嘩をしたり、嫌なこともありましたよね。

元彼と会っているときには、そういう「楽しくないこと」には触れないように、話の流れには気をつけてください。

成長した姿を印象づける

元彼と復縁目的で会っているときには、付き合ってた頃と自分がどう変わったのかをアピールすることがおすすめです。

付き合ってた頃とあなたが何も変わっていないのでは、今後の2人の関係には何の希望も持つことができません。

見た目はもちろん、中身も変わったことをアピールしていきましょう。

あなたが成長した、という印象を元彼に与えることができれば、それだけで復縁は成功に近づいたと言えます。

とはいえ、成長した姿を元彼にアピールするのは簡単なことではありません。

あまりにもあからさまなアピールをしてしまうと元彼に警戒されてしまいますから、バランスをよく見て行うことが大切です。

復縁デートで元彼の心を引き寄せる方法とは?

復縁デートで元彼の心を引き寄せる方法とは?

復縁目的のデートでは、何とかして元彼の心を自分の方に向けなければなりません。

そのためには、まず冷却期間をしっかり設けてからデートに誘うことが必要不可欠。

冷却期間があるかどうかで、復縁の成功確率は大きく変わってくるものなのです。

一緒にいる時間は短めにする

好きな人と会えることになったら、嬉しくてつい長時間一緒にいたくなってしまいますよね。

しかし、彼とあなたは付き合ってるわけではないので、会う時間は短時間にしておきましょう。

たとえばご飯の約束をするだけなど、目的が終わったらダラダラせずに解散することが重要。

ちょっと物足りないかなと思うくらいにしておくことで、彼の方から「あなたとまた会いたい」と思ってもらえるようになるからです。

あなただけが一方的に彼と会いたいと思っていても、復縁はうまくいきませんよね。

お互いに会いたいと思わなければ関係は進んでいかないので、会いたいと思ってもらうためにも短時間でバイバイする勇気を持ってください。

交際していたときを振り返らない

元彼と楽しい思い出を共有するのは良いですが、くれぐれも交際していた頃を振り返らないでください。

過去をふりかえっても、どうすることもできません。

幸せな記憶は、あなたの心の中だけに留めておきましょう。

なぜなら、付き合ってた頃を振り返ると、破局したときのことまで必然的に思い出してしまうからです。

どんな理由で別れたのかは分かりませんが、別れたときというのはあまり良い思い出ではないですよね。

幸せな思い出だけということは絶対にないので、過去を振り返るのではなく、前を見ることが大切なのです。

相手の話を肯定する

人は誰でも、自分のことを認めてもらいたいという欲求があるもの。

否定ばかりされると自信をなくしますし、気分も悪いため一緒にいたいと思えなくなってしまいます。

元彼がどんな話題を提供してくるかは分かりませんが、なるべく肯定してあげましょう。

どうしても自分には納得できないな、と思っても、否定的な言葉は言わないようにしてください。

自分のことを認めてくれない人とは、わざわざ一緒にいようとは思わないため、もう会ってくれなくなってしまいます。

これは会っているときだけでなく、連絡のやり取りをしているときやラインの返信にも言えますので、意識してみてくださいね。

メイクや服装を変える

元彼と会うことになったら、自分のイメージを良い意味で覆しましょう。

別れた原因が見た目にあるとは限りませんが、服装やメイクの変化は「イメージの改善」に繋がるもの。

元彼の好みのタイプをリサーチし、それに近づけてみるのも良いですね。

久しぶりに会うとはいえ、お互い相手に対するイメージは「付き合ってた頃」のままである可能性が高いです。

だからこそ、自分は変わったということを手っ取り早くアピールするためにも、服装やメイクを変えるのがおすすめだと言えるでしょう。

ただし、何もかもを相手の好みに合わせる必要はありません。

それでは自分らしさがなくなってしまいますから、相手の好みはあくまでも参考程度に留めておくと良いかもしれませんね。

体に触れることがない状況に徹する

元彼のことがまだ好きで復縁したいと思っていると、手っ取り早く距離を縮めるために身体の関係をOKしてしまう人もいます。

しかし、付き合う前に身体の関係になるのは絶対にNG。

体に触れるのは絶対にダメだと覚えておきましょう。

一度体を許してしまうと、元彼はあなたのことを彼女として見ることはなく、「性欲を解消する相手」として見るようになってしまいます。

だからこそ、体が触れることのない状況に徹してください。

たまたま、偶然触れてしまったというシチュエーションが起こらないよう、会うときの距離感には細心の注意を払うことをおすすめします。

復縁を積極的に匂わせない

あなたは本気で復縁したいと考えているとしても、元彼も同じ気持ちとは限りません。

もし、なにか理由があってあなたと会ってくれてただけだとして、あなたから復縁したいサインが頻繁に現れていたら…。

彼が警戒するのは時間の問題ですよね。

あなたからすれば、積極的にアプローチしていきたいところですが、告白するタイミングも含め慎重にアピールしていかなければなりません。

復縁を成功させる鍵は、復縁を悟られないこと。

別れた相手と会うという時点で、相手は少なからず警戒心を持っています。

警戒心を強くすることのないよう、少しずつ距離を縮めていくことを考えていきましょう。

まとめ

まとめ

元彼が自分が誘えば会ってくれると、もしかしたら脈ありなのかも、と思ってしまいますよね。

確かに、本当に嫌いなら誘いに応じたりはしないでしょう。

しかし、だからといってあなたに未練があるとも限りません。

勝手な思い込みは自分が傷つくだけなので、復縁できたらラッキーくらいに考えておくことをおすすめします。

その上で、元彼と会ったときには復縁を意識してもらえるよう、できる努力を続けていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次