MENU

好きだけど復縁したくない男性心理|付き合いたくない?複雑な気持ちの捉え方

※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

元彼に「あなたを好きだけど復縁したくない」と言われたら、どういう意味?と思いますよね。

元彼が脈ありと確信があったのに復縁を拒まれた女性も、とまどうことでしょう。

今回は、好きでも復縁したくない男性の心理や、元彼の気持ちを変える対処法を解説します。

元恋人の心境に配慮しながら、復縁の可能性を探っていきましょう。

目次

好きだけど復縁したくない男性心理とは?

好きだけど復縁したくない男性心理とは?

早速、元カノが好きでも復縁したくない11の男性心理をご紹介します。

あなたの元彼に近い心理パターンも見つかるかも。

好きだけど付き合えない……。

元カノに対する男性心理の複雑で繊細な一面に迫ります。

元カノの嫌な部分が直っていない

厳しいようですが、元カノに嫌な部分があり、別れた後も変わっていないな……と感じると、男性は好きでも復縁したくなくなることでしょう。

男性が「元カノのこういう面が嫌いだ」と感じやすい点を挙げます。

  • 見た目は好みでも振る舞いに品がない
  • 性格はいいけど外見がぱっとしない
  • 彼氏の友人付き合いに理解がない
  • 一緒にいると楽しいけど金銭感覚が違う

以上の部分が目につく場合、元彼は最終的に「相性がよくない」と判断するかも……。

元彼をがっかりさせた問題点を解消することが重要ですよ。

元カノを信じることができない

好意があるのに復縁したくないという男性は、元カノを信じられない状態に陥っているのかもしれません。

元彼は「この女性と付き合ったら裏切られるかも」と思うような出来事を経験した可能性があります。

元カノが嘘をついた、浮気をした、元彼のプライドを傷つける言動をした、元彼の周りの人を悪く言った、など。

信頼をなくす理由があれば、元彼は未練があっても距離をおこうと判断するでしょう。

復縁をしてもうまくいく自信がない

好きだからこそ不安になる恋もあるもの。復縁してもうまく付き合える自信がないという男性心理もあります。

過去に付き合ったもののダメになった以上、同じ相手と関係を持っても過ちを繰り返すだけでは……と、ネガティブになる元彼もいるよう。

自信がない元彼にもう一歩を踏み出してもらうには、「今度は幸せになれる」と自信が持てるようなきっかけ作りが必要と考えられます。

また元カノを傷つけてしまうのが怖い

再び元カノを傷つけてつらい思いをさせるのではないか?と怖くなるのも、復縁に踏み切れない男性心理です。

元カノを傷つけるのが怖いと感じる元彼は、別れ際に自分が元カノを悩ませた、相手を泣かせたとの自覚があるのでしょう。自分の言動を真剣に後悔していると考えられます。

元カノの存在を特別に思えばこそ、傷つけたくない想いもわくのでしょう。

こういう彼は過去の失敗から学んでいるため、復縁が成功すれば彼女を幸せにする可能性が大ですよ。

家庭環境や結婚願望にズレがある

お互いが育ってきた家庭環境の違いが気になる、二人が思い描く結婚観が異なる、といったケースも、好きなのに復縁したくなくなる男性心理につながります。

復縁は、今度こそ別れないつもりで実行してこそ意味があるもの。

二人の未来を意識しながら、関係修復を目指すカップルが多いのです。

結婚や家庭に関する価値観にズレがあると、好きでも将来的なパートナーには難しいため、復縁しないほうがいいという結論に達する人も。

どこまで相手の人生観に寄り添えるかは、復縁において大きな課題なのです。

復縁に気持ちを切り替えられない

好きだけど復縁できないという男性心理のほとんどは、気持ちの切り替えがうまくいかない状態だといえます。

失恋や破局を経験して、交際に区切りをつけたつもりだった男性は、「今さら付き合えない」と意地をはるかもしれません。

男性の中には、プライドが高い人が多いようです。

プライドに邪魔されて、自分が一度決めたことを撤回できず、気持ちの切り替えがうまくいかないパターンもありがちですよ。

自分から謝りたくない

自分からは謝りたくないというのも、好きでも復縁したくない男性心理の1つ。

やはり、男性のプライドの高さが、根底にある心理現象です。

中には、自分が別れを選んだのは失敗だったとは、認めたくない男性も見られます。

また、復縁には「過去の過ちを繰り返さない」と真剣に誓うプロセスが必要ですが、その点に抵抗があるという人もいるようです。

自分の選択や決断が間違っていたとしたら、相手に謝らなければなりません。

ですが、自分からは頭を下げたくないという、競争意識のような感覚が強い男性もいるもの。

無駄なプライドの高さが、復縁を妨げる壁になりやすいのです。

恋愛する気分になれない

復縁したくない男性心理には、今は恋愛する気分になれないというものも。

元カノに魅力を感じていても、異性と付き合う気分になれないときもあるようです。

元カレが恋愛する気分になれない理由は、大きく分けて2つ考えられます。

  • 破局のダメージが大きく、まだ立ち直っていない
  • 仕事などの用事が忙しく、LINEのやりとりやデートが難しい

現状では無理でも恋愛感情があるのなら、違うタイミングでのアプローチがおすすめです。

情で関係を続けている

元彼氏と連絡をとりあえたり、友達として普通に会える関係だったりすると、元カノとしては復縁に期待してしまいますよね。

しかし、情で関係を絶てずにいるだけという男性心理も少なくありません。

特に優柔不断なタイプの男性は、女性を傷つけたり不快にさせたりする行動を避ける傾向があります。

彼らは、相手に本音を言えなかったり、一度付き合った女性を邪険にできなかったりする心理状況になりがちです。

しかし、無理に関係を続けても幸せにはなれません。

元彼の本心を確かめることが大事ですよ。

都合のいい女性でいてほしい

一度関係を持った相手を、都合のいい女として扱いたい男性も存在します。

都合のいい女性とは、以下のような相手です。

  • 正式な恋人ではなくても愛情を注いでくれる
  • 自分の言うことを全部聞いてくれる
  • 楽しいことだけ味あわせてくれる
  • 家事など自分の世話をやいてくれる
  • 浮気や不倫の相手

相手を大切にする気のない、ズルい男性もいるのが現実です。

大好きな人を疑うのは悲しいですが、女性を都合よく弄ぶ男性もいるため、最低限の警戒心は必要でしょう。

別の女性の存在がある

他の女性の存在があるケースも、元彼は復縁したくないと思う場合が多いです。

つまり、次の恋がスタートしているとき。

本当は元カノのことが吹っ切れたわけではなくても、新たな出会いがめぐってきて、交際を検討する男性もいるものです。

元彼が二人の女性の間で迷っているタイミングなら、復縁できる可能性は十分あります。

ただ、すでに新たな彼女との関係が進んでいれば、元彼はあなたからの復縁アピールを受け入れられないかもしれません。

復縁したくない元彼の気持ちを変える方法

復縁したくない元彼の気持ちを変える方法

現状は復縁したくないとする元彼へ対するアプローチは、容易ではなさそうですね。

とはいえ、元彼の気持ちを変えるためにとれる方法は存在します。

以下の4つをすべて実行すれば、元彼の迷いを吹き飛ばして変化を起こすことも可能ですよ。

元彼の気持ちを尊重する

復縁したくない元彼に対しては、相手の気持ちを尊重することが一番です。

元彼があなたを好きだとしても動き出せないと言うのなら、無理に迫らないことが重要。

元恋人のペースやタイミングに合わせて、少しずつアプローチしていく方法が効果的です。

また、元彼の恋愛観や結婚観、家庭に関する考え方などを理解して、寄り添いましょう。

元彼を気遣った態度をとっていれば、元彼の心が動き出す可能性が生まれますよ。

不幸オーラを出さない

元彼の気持ちを変える方法として、不幸オーラを出さないことも挙げられます。

以下が、不幸オーラを出す女性の特徴です。

  • 表情が暗いor笑顔を見せない
  • 会話中のリアクションが薄い
  • 物事を悪い方に解釈する
  • 愚痴っぽい
  • 嫉妬や束縛が激しい

復縁へのアプローチをした際、元彼がすぐには良い返事を聞かせてくれなくても、不幸オーラを出すのはタブーです。

元彼の前では、笑顔で明るい様子を見せるのが◎。

男性に「彼女と一緒にいると楽しそうだ」というイメージを持ってもらえるよう、ポジティブなオーラを出すことが大切です。

復縁できない部分を直す努力をする

元彼が「好きだけど復縁はできない」と考える原因は何でしょうか?

復縁の妨げとなる部分は、改善する努力が必要です。

見た目か、仕草や行動か、会話中の言葉遣いなのか、すぐに感情的になって喧嘩になる癖か。

元彼があなたを嫌になるような問題点を洗い出して、自分改革に取り組みましょう。

元カノが真剣に反省して、自分を変える努力をすれば、元彼の気持ちが変わる可能性は確実に広がります。

焦らず時間を掛けて復縁を目指す

焦りは禁物です。元彼の気持ちはすぐには変わらない傾向が見られます。

時間をかけて復縁を目指していく気長さも大切です。

元カノ側が復縁に向けて努力するだけではなく、場合によっては、元彼も成長する必要があるかもしれません。

男性心理にありがちな、「一度失敗した関係には戻れない」「自分が間違っていたと認めて謝りたくない」といったプライドの高さは、復縁の壁になることも。壁を崩すには一気にとはいかず、時間がかかるカップルも多いです。

元彼が復縁したいと思っているサイン

元彼が復縁したいと思っているサイン

元彼が一旦「復縁したくない」と言葉や態度に出したとしても、あなたの行動によって、相手の心理状態は変わってきます。

そこで次のステップとして、元彼が復縁したいと思っているサインをご紹介します。

以下の兆候に気づいたら、復縁のチャンスと思ってくださいね。

頻繁に連絡してくる

元彼が復縁したいと思って送るサインの1つが、LINEやメールなどの連絡頻度が増すこと。

元恋人と頻繁に連絡をとりあえば、「私たち、やり直さない?」と言われる可能性があるのはわかっているはずです。

それでも頻繁に連絡してくる元彼には、今後に期待が持てます。

また、元彼は1人で寂しい気持ちになった可能性もあるでしょう。

孤独を埋めるために、連絡をとりあえる異性をキープしたいのかも。あなたからの返信に癒しを感じていれば、復縁につながる可能性が出てきます。

近況を聞いてくる

元カノに近況を聞いてくるのも、復縁を意識したサインの傾向があります。

元彼は、最近の元カノに新たな男性の影はないか、探りを入れているのかもしれません。

最近どうしているのか、あなたの仕事や趣味に関する質問が多ければ、復縁サインの可能性が高まります。

ただし、過去に付き合っていた人がどうしているのか、知りたがる男性心理もあります。

相手に恋愛感情があってのことか、ただの興味本位なのか、冷静な見極めも必要ですよ。

付き合っていた頃の話をする

元彼が付き合っていた当時について話す場合、復縁サインを出している確率が上がります。

交際していた頃の話ができるのは、元カノとの過去が美化されて、良い思い出に変わった可能性が高いです。

特に、冷却期間をおいて再会した場合は、この現象が働きやすいですよ。

裏を返せば、元彼の中で破局時のつらい記憶や感情が残っていれば、元カノの話はしたがらないもの。

思い出したくないことは話題にしないのが人間心理なのです。

自分以外の男性に嫉妬する

元彼が他の男性に嫉妬するのも、復縁したいというサインの場合があります。

元カノに他の男性の影を感じると不機嫌になったり、他の男性との会話の邪魔をしたり、別れたのに彼氏面をしたり。

そのような兆候が表れたら、元彼はあなたへの独占欲が湧いている状態です。

実際に付き合っていなければ、相手を独占できません。

元彼が本気であなたを他の男性に奪われたくないと思えば、恋愛感情が再燃するでしょう。

悩み相談をしてくる

元彼が復縁したいときに出すサインとしては、悩みを相談してくるといった形もあります。

元彼が軽い悩みを打ち明けてくる場合、相談するという名目で、あなたとコミュニケーションをとりたがっている可能性が高いです。

重い内容の相談事だった場合は、あなたを頼りにして声をかけたのかもしれません。

自分を深く知っている特別な存在として、あなたを認めているのでしょう。

いずれにせよ、元彼があなたを相談相手として信頼しているのであれば、もう一度付き合いたいと考える可能性が高まりますよ。

何かにつけて褒めてくる

元彼があなたを頻繁に褒めてくるのは、復縁したいサインと捉えていいでしょう。

男性が女性を褒めるのは、ほとんどが恋愛対象として意識しているケースです。

何の感情も抱いていない女性に対して、以下の褒め言葉をかける男性はほとんどいません。

  • あなたの外見を「綺麗になったね」「スタイルが良くなったね」などと褒める
  • あなたの持ち物を「それ、いいね」「センスあるね」などと褒める
  • あなたの行動を「優しいね」「親切だね」「見習いたい」などと褒める

元彼が元カノを褒めながら距離感を縮めてくるのは、復縁を見込んだアピール行動のことが多いため、見逃し厳禁です。

まとめ

まとめ

元カノが好きだけど復縁に前向きになれないという元彼もいますが、元彼の心を変える方法は存在します。

すぐには素直になれない男性心理を知って、元彼の気持ちを尊重しながら、時間をかけて対処するのが解決策です。

その後、元彼は「復縁したいサイン」を出すかもしれません。

相手の心境の変化を見逃さず、チャンスをしっかりと活かしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次