MENU

友達からやり直すのが復縁の近道?友達関係に戻るメリットと注意点まとめ

※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

好きな人と別れたことを後悔し、やり直したいと思うこともあるでしょう。

復縁はなかなか難しいものですが、友達関係に戻ることでその確率を高められると言われているのです。

ここでは、元彼と復縁したいときに友達に戻るメリットと、その注意点について紹介していきます。

元彼と復縁したいけど、そのやり方が分からないという方、必見です。

目次

友達からやり直すのが復縁の近道な理由

友達からやり直すのが復縁の近道な理由

どんな理由で好きな人と別れたのかは分かりませんが、別れたことを後悔していると、今の状況はかなり辛いことでしょう。

復縁には「必ず成功する」という方法はないのですが、友達からやり直すことが復縁の近道と言われている理由を紹介します。

自然な距離感でアピールできる

恋人という関係が終わり、そのまま終わってしまうと、あなたと元彼を繋ぐものは何もなくなってしまいます。

「別れた元カノ」という立場では、正直この先アプローチするのは難しいと言わざるを得ません。

しかし、「友達」だとしたらどうでしょうか。

友達であれば、自然な距離感で元彼と接することができますよね。復縁はタイミングなので、そのための土台作りが非常に重要。

いざ気持ちを伝えるまでの関係作りのためにも、自然な距離感で関われる友達になるというのは、おすすめだと言えるでしょう。

連絡手段を確保できる

別れたあと、元彼に連絡をするのはためらいますよね。もしかしたらブロックされてるかも…という不安もあるでしょう。

しかし友達であれば、ひとまず連絡手段を確保することができるわけです。

付き合ってる頃のような内容ではなくても、とりあえずLINEができるというのはポイントですよね。

連絡手段がなくなってしまえば、復縁することは不可能と言っても過言ではありません。

だからこそ、一度友達の関係に戻り、とりあえず「友達として」LINEで繋がっておくことが重要になってくるというわけです。

送りすぎるのはNGですが、友達なら特に用事がなくてもLINEをすることができますからね。

自分の変化を伝えやすい

復縁で大切なことは、「付き合ってる頃(別れた頃)と今の自分がどれだけ変わったのか」を相手に伝えること。

あなたが付き合ってる頃と全く変わっていないのでは、男性は復縁する気になどならないでしょう。

たとえ復縁しても、同じ結末を迎えることが目に見えていますからね。

とはいえ、完全に関係が切れてしまったあとでは自分の変化を伝えることもできません。

友達であれば、近くで関わりを持ち続けていられますので、自分の変化をさりげなくアプローチすることができますね。

一度気持ちをリセットできる

元彼と復縁したい気持ちが強すぎると、どうしても焦りが出てしまうもの。しかし、復縁は焦っても上手くいくことはありません。

別れた理由にもよりますが、復縁を成功させるためには冷却期間が必要不可欠。あなただけではなく、お互いに気持ちをリセットしなければならないのです。

別れてから友達になると、恋人ではないからこそ落ち着いて気持ちの整理をすることができるでしょう。

元彼との思い出に浸りながら、前を向くことも可能なのではないでしょうか。

復縁成功の鍵は、気持ちのリセット。そのためにも、友達になると良いのです。

感情がポジティブになる

どんな理由であれ、彼氏と別れるというのは辛いものです。別れたまま関係が終わってしまったら、尚更でしょう。

しかし、そこで「友達」になれたとしたらどうですか?

元彼と少しでも繋がりが持てるということで、ポジティブな気持ちになれるのではないでしょうか。

復縁において、あなたの感情というのは成功に大きく影響すると言わざるを得ません。

感情がポジティブになれば、元彼のSNSを見るなど共通点や関わりを見つけることにも繋がるでしょう。

別れたあとに友達にならないと、ポジティブになるのは難しいですからね。

知らなかった相手の良さに気づける

恋人と友人では、相手の男性への視点が変わってきます。

彼女目線じゃないと分からないこともあれば、友人目線じゃないと分からないこともあるわけです。

今までは「彼女」として一番近くから彼のことを見てきたわけですが、だからこそ見逃してしまうこともあるでしょう。

友人として元彼と関わることで、彼女のときには気づけなかった相手の良さに気づけるというのは、友達になる最大のメリットと言っても過言ではありません。

しかもこれは、あなたにだけ言えることではなく、元彼にも言えること。

友達になったことで、彼女のときには分からなかったあなたの良さを、彼が知るきっかけにもなるのです。

友達関係のほうが信頼関係を築きやすい

あなたと彼は、なにか理由があって別れたわけです。

あなたは彼とやり直したいと思っているかもしれませんが、相手も同じ気持ちとは限りません。

後述しますが、復縁は「復縁したい」という気持ちを悟られた時点で失敗します。

つまり、彼と友達になることで「あなたに未練はないんだな」と彼に思わせることができる、ということ。

少しずつ信頼関係を築いていかなければ、復縁を成功させるのは難しいでしょう。

別れたあとに連絡をすると警戒されてしまいますが、友達になっていれば相手に警戒されるリスクも最小限にすることができますからね。

相手のタイミングがわかる

別れたあとに友達になっておけば、彼の空いている時間などを知ることもできます。

空いている時間をチェックしておけば、連絡するタイミングも見極めやすいですよね。

友達だからこそ分かることというのは、あなたが思っている以上に多いもの。

特に相手のタイミングを知っておくことは、あなたにとってメリットもたくさんあるでしょう。

休日に何をしているのか、仕事が終わったあとは何をしているのかなどが分かれば、アプローチ方法も見えてくるのではないでしょうか。

ただ別れただけ、近くにいるだけでは、復縁が上手くいくことはありません。

復縁は、きちんと手順を踏んで少しずつ進めていくことが極めて重要だからです。

気まずくならずに友達からやり直す方法

気まずくならずに友達からやり直す方法

いざ友達からやり直そうと思っても、なんとなく変な空気になるのでは…と不安ですよね。

気まずくなっては、復縁に向けた新たなスタートを切ることはできません。

元彼との関係を恋愛に発展させていく方法は、以下を参考にしてみてください。

相手への恋愛感情を抑える

友達というのは、お互いに相手への恋愛感情がないから成り立つもの。

もちろん、あなたの本心には元彼への未練や好きという気持ちがあるわけですが、それらの気持ちは悟られないようにしましょう。

友達になったのに恋愛感情を持っていることがバレれば、気まずくなることは明白です。

無意識のうちに態度や言動に未練がにじみ出ていることもありますから、一度自分自身を客観的に見つめ直してみると良いかもしれません。

元々友達だったのなら、そこから恋愛感情が生まれるのも不思議ではありませんが、元恋人同士の友達関係での恋愛感情は、気まずさ以外の何物でもないのです。

元彼に思っていることを全部言ってもらう

別れたあとに友達になったことを、元彼はどう思っているのでしょうか。

元彼と友達になってから復縁するには、信頼関係を築くことが欠かせません。

そしてそのためには、元彼に本音を話してもらわなければなりませんよね。

付き合ってる頃には遠慮して言えなかったようなことも、友達なら言えることもあるでしょう。

あとから気まずくならないためには、なるべく早い段階で元彼に「思ってること」を全部話してもらってください。

腹を割って話す、というと大袈裟かもしれませんが、気まずくなったら元も子もありません。

元彼に思ってることを話してもらうのは、良好な友達関係を築く上で必要なことなのです。

返事がしやすい連絡に徹する

友達同士であれば、頻繁にLINEをすることも珍しくはありません。

しかし、あなたと彼は「元恋人」であるため、LINEの内容によっては気まずくなってしまうので要注意。

気軽に連絡を取り合うことで信頼関係を築くことが目的なので、相手が返事のしやすい連絡にしましょう。

軽い悩み相談や雑談など、下心を感じさせない内容にするとGood。

自分のことではなくても、恋愛の話題を振るのはやめた方が良いでしょう。

元恋人という事実は、どんなに頑張っても変えることはできません。

だからこそ、気軽に話せる内容で連絡し、やり取りを続けることを目的にしていくことをおすすめします。

友達に協力してもらう

別れてから友達になろう、と言っても、それは単なる建前…というケースも少なくありません。

名目上は「友達」でも、あからさまに気まずくなると、もはやそれは友達でも何でもないですよね。

そうならないようにするためには、共通の友達に協力してもらうのも良いでしょう。

お互いの顔見知り同士で出かけたり、間を取り持ってもらうことも友達なら可能ですからね。

自分だけではどうしても未練が出てしまう、好きという気持ちを抑えられないと思うのであれば、友達にその都度注意してもらってください。

友達にだけはあなたが「元彼とやり直したいと思っている」ことを伝えておくと、さりげなくフォローしてもらえるのではないでしょうか。

友達に戻った元彼と復縁するコツ

友達に戻った元彼と復縁するコツ

元彼としっかり友達という関係になり、信頼関係を築くことができたなら、次はいよいよ復縁に向けて動き出しましょう。

ここでは、友達に戻った元彼と恋人になるため、復縁を成功させるコツについてお話していきます。

自分磨きを頑張る

友達に戻った元彼と復縁するには、自分の魅力を最大限に引き出すことがおすすめです。

そのためにも、自分磨きを怠らないようにしましょう。

ここでのポイントは、付き合ってる頃のイメージを払拭させること。

どんな風に別れたのかにもよりますが、どうしても人は「別れたときの負のイメージ」が強く残ってしまっています。

それは男性も同じなので、積極的に自分磨きを行ってください。

あなたの見た目や中身が変われば、元彼もあなたの新たな魅力に気づくのではないでしょうか。

元彼に、「このまま友達でいるのはもったいないかも」と思わせることができたら、自分磨き成功です。

交友関係を広げる

自分磨きをすることと似ている部分もあるのですが、あなたの中身が変わらなければ元彼と復縁することはできません。

元彼のことばかり考えていたのでは、視野は狭くなるばかりです。

自分が成長するためにも、ぜひ交友関係を広げる努力をしていきましょう。

仕事に打ち込んだり、新たな趣味を見つけてみるのもいいですね。

また、元彼と復縁したいときこそ、出会いを求めてみるのもあり。

あくまでも友達を増やすという感覚で、出会いの場に足を運んでみるのはいかがでしょうか。

交友関係が広がると視野も広がりますから、今まで見えなかったことも見えてくるようになりますよ。

別れた原因を解決する

元彼と復縁するためには、別れた当時ときちんと向き合わなければなりません。

あなたと彼は、なぜ別れることになったのでしょうか。

別れた原因と向き合わず、そのままにしていたら復縁することはできません。

たとえ一時的にやり直せたとしても、すぐにダメになるのは目に見えていますよね。

だからこそ、思い出したくないとしてもしっかり原因と向き合い、改善していきましょう。

もし、別れた原因が彼の方にあると思っても、決してそんなことはありません。

片方にだけ原因があるということはないので、自分自身としっかり向き合うことが大切ですよ。

その上で、原因を1つずつ改善していけると良いですね。

居心地のいい存在になる

彼があなたと「やり直したい」と思うようになるには、あなたが彼の理解者になると良いでしょう。

自分のことを分かってくれる、理解してくれる人がいるという心理は、特別感を与えるもの。

そして、あなたといるのは居心地がいいなと思ってもらえれば、復縁が成功するのも時間の問題です。

元彼、元カノというのはお互いに相手のことをよく知っているので、いわゆる「言わなくても分かる」存在になりうるもの。

心地いいと感じる心理状態が長く続けば、人はその環境を失いたくないと思うようになります。

ドキドキするような刺激的な恋愛はできなくても、落ち着きのある安心できる恋愛をめざしましょう。

友達から復縁したいときのNG行動

友達から復縁したいときのNG行動

別れた元彼と友達になったものの、あなたの行動によっては復縁の成功率を下げるだけでなく、復縁そのものが失敗することも少なくありません。

チャンスをしっかり見極め、先走って以下のような行動に出ないように気をつけましょう。

都合のいい女になってしまう

友達であっても好きな人ですから、「嫌われたくない」と思うのは当然のこと。

しかし、だからといって彼の言うことを何でもかんでも肯定したり、言いなりになるのは違います。

たとえばセフレとして体だけの関係になったり、浮気相手という状況になるのは絶対にNG。

好きな人からの誘いを断ると、そのまま関係が終わってしまうのでは…と不安でしょうが、セフレになったら復縁することはできません。

セフレや浮気相手は、男性にとってまさに「都合のいい存在」でしかなく、そこに愛情はないからです。

都合のいい女を彼女にしようなどとは誰も思わないので、ダメなことはダメとはっきり言えるようになりましょう。

自分の意見を押し付けてしまう

復縁に限ってではないのですが、つい自分の意見を押し付けてしまうことはありませんか?

無意識というケースも少なくないのですが、自分の意見を正しいと思い込み、相手の話に一切耳を向けない人もいますよね。

本人は押し付けてるつもりはなくても、言われた方からすると押し付け以外の何ものでもありません。

もちろん、自分の意見が言えるというのは良いことです。

相手の言いなりになって都合のいい女になってしまうよりは、自分の意見が言える方が良いですよね。

ただし、「こういう意見もある」と相手の話も聞き入れる姿勢を忘れてはいけないのです。

相手への未練が伝わってしまう

復縁で最もしてはいけないと言われているのが、自分の気持ちを相手に悟られてしまうこと。

元彼に未練がある、元彼のことがまだ好き、元彼とやり直したいという気持ちが相手に伝わってしまうと、ほぼ間違いなく相手は警戒します。

そして、あなたから距離をとるようになるでしょう。

告白されてからでは厄介なので、告白されないように務めるのです。

また彼の彼女になりたいという気持ちは分かりますが、何のためにわざわざ友達になったのかを思い出してみてください。

相手に本心を悟られず、信頼関係を築いていくためですよね。

せっかくここまできたのですから、未練はしっかりと隠し通してください。

距離感を間違ってしまう

元彼と友達としてある程度仲良くなると、つい付き合ってる頃を思い出してしまうこともあるでしょう。

自分は彼女だと錯覚し、馴れ馴れしくしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、あなたは彼女ではなく元カノであり、今はただの友達。

立場をわきまえて行動しなければなりません。

ここで距離感を間違えて近づきすぎてしまうと、彼はあなたのことを警戒するようになります。

特になかなか進展しないと焦りますし、その焦りから立場を忘れてしまうケースもあるのですが、「友達としての距離感」で接することを徹底していきましょう。

友達から復縁に向けて関係が進まないのはなぜ?

友達から復縁に向けて関係が進まないのはなぜ?

別れてから友達になっても、正直なところなかなか復縁に向けて進んでいかないこともあるでしょう。

自分がどれだけ頑張っても相手が動いてくれないと、心が折れそうになりますよね。

友達から復縁に向けての関係が進まない理由には、以下のようなものが挙げられます。

友達からの復縁確率はどれくらいある?

そもそも、友達からの復縁が成功する確率はどのくらいあるのでしょうか。

一般的に、復縁できる確率は6~7割と言われており、決して少ないわけではありません。

半分以上は復縁できているのですから、比較的良い数字ですよね。

しかし、これはあくまでも「復縁した」というだけであり、「復縁したけど結局うまくいかなかった」ケースも含まれています。

そして、友達からの復縁がうまくいったケースの多くでは、1ヶ月以上の冷却期間を設けていたことも判明。

別れてすぐにやり直そうとすると、勢いでOKするものの、結局同じことを繰り返して失敗するのでしょう。

つまり、復縁の成功率を上げるには適切な冷却期間を設けることが必要だと言うことです。

恋愛対象になっていない

よく、幼なじみの異性を「家族のよう」だと表現し、異性として見られないという話を聞きますよね。

友達として仲良くなりすぎてしまうと、女性として意識されなくなってしまうこともあるでしょう。

あまりに存在が近くなりすぎてしまい、恋愛対象ではなくなってしまうことが原因です。

あなた自身は何も変わっていないわけですが、彼の方の意識がなにか変わったのでしょうね。

お互いに恋愛対象の異性として相手のことを意識しなければ、恋愛に発展することはありません。

復縁に向けて関係が進まないのも、これが原因だと言えるでしょう。

身体の関係だけが目的

もしかすると彼は、あなた自身には興味を持っていないということも考えられます。

言い方がきついかもしれませんが、あなたに対して恋愛感情はなく、あるのは性欲だけなのかもしれません。

元恋人というのは、セックスにおいてはお互いに知り尽くしているわけですし、気を遣う必要もありません。

そのため彼は、あなたと付き合う気ややり直す気はさらさらなく、身体の関係だけが目的なのでしょう。

セックスができればそれでいいと思っているわけですから、復縁に向けて関係が進むはずはありませんね。

復縁のきっかけが見つからない

別れてから時間が経ちすぎてしまうと、なんとなく「今更感」が漂ってきます。

友達として関わってきた期間が長くなればなるほど、今更復縁しようと言い出すのもな…と感じてしまうのでしょう。

つまり、復縁のきっかけが見つからなくなってしまうのです。

今の状態(友達関係)でも特に不自由なことはないので、わざわざ復縁したいと言い出して関係を壊すようなことをするべきではないのかも、と思ってしまうわけです。

このような理由から、あえて復縁しようとする理由やきっかけが見つからず、友達のまま時間だけが過ぎていくというケースは、意外と多いと言えるでしょう。

友達関係を続けながら水面下で復縁に向けて行動しよう

復縁するためには、一旦友達になるのがメリットも多くておすすめです。

友達になれば彼の警戒心もなくせますし、あなた自身も比較的彼の近くにいることができますからね。

元彼との関係をなくさないでおけば、いざというときに連絡することも可能です。

連絡手段があるというのは、それだけで気持ち的にも安心できることなので、友達関係を続けながらひっそりと水面下で復縁に向けて行動していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次