MENU

元彼からのプレゼントを身につけるのはあり?復縁したいなら断捨離しなくても大丈夫?

※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

元彼からのプレゼントを身につける事は、個人の選択次第です。

  • 大切な思い出だから
  • 嫌いになった訳ではないから
  • 物に罪はないから

という理由で、つけたままにしておく方も多いですよね。

けれども、いつまでも持ち続けることが心の負担になる可能性もあります。どうするべきか悩んでいるという方は是非この記事を参考にしてみてください。

この記事では、その心理やメリット、デメリットについて調査してみました。

目次

元彼からのプレゼントを身につける心理

元彼からのプレゼントを身につける心理

元彼からのプレゼントを身につける心理は、人それぞれ異なります。

例えば、復縁を望む人はそのプレゼントを愛情の象徴と捉え、思い出に浸ることで心の支えとなるのでしょう。

大切な人だから、今でも繋がりを維持したいから。
今は離れているけれども、いずれは復縁をしたいと願っているから。

そういう心理から身につけている方も少なくはありません。

一方で、過去の関係を断ち切りたいと願う人は、プレゼントを処分することで新たなスタートを切ることを選ぶでしょう。

  • 恋愛とは別物だと考えているから
  • 大切な思い出だと捉えているから
  • まだ未練があるから

という想いから、元彼からのプレゼントを身につけたままという人は多いです。

元彼と復縁したい

復縁を望むなら、彼女は元彼からのプレゼントを残しておくことを選ぶことが多いです。プレゼントは、未練や愛情の象徴であり、再び関係を築く一助となる可能性があります。

ただし、その気持ちが双方向でなければ復縁は難しいことも理解しておく必要があります。
彼のことを忘れられないから、彼のことがまだ好きだから、そういう心情でプレゼントを残しておくことはとても大切なことです。

ただ、それだけが2人の繋がりではありません。未練があるから残しておいたとしても、プレゼントが2人をつなぎ留める効果には繋がらないでしょう。

過去に縋らず、前を向いて進むことこそが復縁への一歩だといえます。

思い出として残しておきたい

プレゼントは、彼女にとっての大切な思い出となります。

過去の関係を振り返る際に、そのプレゼントは愛情深い時間を思い出させてくれるでしょう。
特に、一緒に過ごした時間やそのプレゼントが与えてくれた感情を残したくて、手放せないという女性も多いでしょう。

「物自体に罪はない」と悩みを抱えている方は少なくはありません。
素敵な思い出だから、捨てることをためらうのは仕方のないことです。

その点から、元彼からのプレゼントを処分しないという選択をする方がいます。

お気に入りのアイテム

プレゼントを気に入っている場合、それはとても大切な宝物です。

好きなブランドの物やネックレスや装飾品をお気に入りのアイテムとして保管している女性もいますし、写真も気に入っているから保存をしておくという人もいます。

「元彼自体に執着はない、復縁も考えていない」そんな状態でも、プレゼント自体を気に入っていたり、恋愛感情と物は別だと捉えていたり、高価なものであれば「捨てにくい」と感じる方はとても多いものです。

気に入っているアイテムであれば、新しい恋人ができても、別れてから年月が経っても、持ち続けているという場合もあります。

処分するのが勿体ない

プレゼントが高価な場合、捨てるのを躊躇うのは仕方がないことです。物質の価値を考えると、処分するのは勿体ないと感じるでしょう。また、手作りのものや手紙は捨てにくい、と思う方もいます。

しかし、そのプレゼントが彼女にとって不必要な負担やストレスを引き起こす可能性もあります。

「もったいない」という感情は、過去への捕らわれや未練に繋がるもの。新しい未来に進みたい、新しい恋をしたいと考えているのならば、思い切って処分をすることも大切です。

返却を要求される可能性がある

相手との関係性やプレゼントの性質、特徴によっては、元彼が返却を求める可能性があります。この可能性を考慮して、彼女はプレゼントを保管しておくことがあります。

その際には、双方のコミュニケーションが重要となります。恋人からの連絡が来て返却を求められた場合、スムーズに返したい場合を考慮し念のため保管をしておく人も少なくはありません。

日時が経ったものなら、部屋での保管も難しいでしょうし、捨てるのも1つの選択です。

特に意識していない

特に「貰ったもの」だと意識せず日常の一部として使っている場合は捨てない可能性が高いです。

財布やキーケース、インテリア等は生活に馴染んでいるが故に手放そうとは思えない女子も多いでしょう。

プレゼント自体に特別な思い入れがなくとも、使い心地が良いから、生活に馴染んでいるからという理由で利用するかもしれません。元彼からのプレゼントを深く意識せず、便利だから使っているという方も多いでしょう。

元彼からのプレゼントを身につけるデメリット

元彼からのプレゼントを身につけるデメリット

プレゼントを身につけることには、いくつかのデメリットがあります。

ここでは、元彼からのプレゼントを持ち続けることに対して起こるデメリットについて解説をしていきたいと思います。

次の恋愛に踏み切れない

元彼からのプレゼントを身につけることで、彼女は過去の関係にしがみついてしまい、新しい恋愛に踏み切れなくなる可能性があります。

元彼からのプレゼントがいつでも目につく場所にあると、プレゼントが原因で前に進めない可能性はあります。
元彼からのプレゼントを持っていても前に進めるかどうかは性格による影響も大きいでしょう。

ただ、未練がある、失恋して悲しくて忘れられないという理由なら、プレゼントを所持していることが原因で進めない可能性もあります。

過去の関係に縛られず、未来に向けて前進するためには、そのプレゼントを手放すことも必要な場合があります。

現在の恋人に気付かれる

元彼からのプレゼントを身につけている場合、現在の彼氏が嫉妬や不快感を抱く可能性があります。

自分自身は「過去のものだから」「深い意味はない」「物に罪はない」と思って身につけていたとしても、男性からするとまだ未練があるのか、繋がっているのか、と不安を抱く可能性もあるでしょう。

恋愛関係においては、相手の感情や意見を尊重することが重要です。そのプレゼントが引き起こす可能性を充分に考慮したうえで、プレゼントを持ち続ける必要があります。

女性でも、彼氏が元カノのプレゼントを持っていたら不安だと感じる方は少なくはありません。

もし、持ち続けたい場合は恋人と相談をしながら持つか、「元彼からのプレゼント」だと気づかせないように持ち続けることをおすすめします。

結局、元彼にもらったプレゼントはどうすべき?

結局、元彼にもらったプレゼントはどうすべき?

元彼からのプレゼントは、別れ方や現在の関係性によって処分の仕方が異なります。

女性はその状況や自身の感情を踏まえ、プレゼントに対する適切な行動を選択するようにしましょう。

別れ方次第で決める

別れの状況や自身の感情に基づいて、プレゼントをどうするかを決定してください。円満な別れを経験した場合、そのプレゼントは思い出として大切に残すこともできるでしょう。

しかし、悲痛な別れであった場合、そのプレゼントが彼女にとっての苦痛や心の負担となる可能性も考えられます。

そのような場合は、彼女の心情を優先し、そのプレゼントを手放したほうが、すっきりとした気分になります。

今彼が嫌がるなら捨てる

現在の恋人が元彼からのプレゼントを嫌がる場合、彼女はそのプレゼントを捨てるか隠すしたほうが良いでしょう。

ただ、隠して持ち続けるという行動は恋人関係に悪い影響を及ぼす可能性があります。

今の恋人のことを想うのなら、きれいさっぱり処分をすることをおすすめします。特に指輪やネックレスといった装飾品は不安を抱く方も多いでしょう。

元彼に未練があるなら残しておく

もしあなたが失恋をした立場で元彼への未練を感じているなら、プレゼントを残しておくのも、1つの手段です。

そのプレゼントは彼女にとっての思い出や愛情の象徴となり、彼女の心の支えとなる可能性があります。

ただし、未練を抱き続けても辛くなる場合もあるでしょう。元彼と本当に復縁をしたいのか、忘れたいけれど未練が残っているのかをよく考えたうえでプレゼントをどうするか判断をしてください。

もし、「忘れたくても忘れられない」という状態なら、思い切って処分をしたほうが気持ちの整理も付き、未来に踏み出せます。

まとめ

まとめ

元彼からのプレゼントを身につけるかどうかは自分次第です。自分の心情や現在の関係性、そして今の恋人からどう思われるかを考慮して、プレゼントをどうするか判断をしましょう。

「元彼からのものは綺麗さっぱりすぐに捨てる」という人も少なくはありません。

その反面、気持ちがまだ残っている場合や復縁を願っている場合は簡単に捨てることはできないでしょう。

物自体が気に入っているから、生活に馴染んでいるから、捨て方や対処方法がわからないから、とあえて持っておく判断をする人も多いです。

元彼からのプレゼントをどうするかは自分自身で決めましょう。どの選択をするにしても、自分自身が後悔しない、精神的に良い方向へ迎える判断をすることが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次