MENU

音信不通から急に連絡がきたのはなぜ?無視以外の対処法や男性心理を解説

※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

別れた彼氏や好きな人に連絡しても返事がないと、諦めるしかないのかな…と思いますよね。

そんな男性から急に連絡がくると、戸惑ってしまうのは当然です。

ここでは、音信不通だった元彼から連絡がきたときの返信の仕方や、復縁に向けた注意点などについて紹介しています。

元彼との復縁を望んでいる方はもちろん、連絡してきた男性の気持ちが知りたい方も、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

目次

音信不通で連絡がきたときに無視以外の対応は?

音信不通で連絡がきたときに無視以外の対応は?

自分がメールやlineをしても返事をくれなかった相手から連絡がきたら、色々な感情が芽生えるのは当たり前のこと。

期待や不安が入り交じって戸惑うのは、あなただけではありません。

元彼への対応の仕方は色々ありますが、自分の気持ちに素直になることが一番です。

自分がどうしたいのかしっかり考える

元彼から連絡が来たとき、あなたは真っ先にどう思いましたか?

一度は無視されていたわけですが、あなたが元彼とやり直したいと思うのか、もう気持ちは冷めてしまったのか、自分自身としっかり向き合わなくてはなりません。

今の状態を変えたいのか、関係を修復したいのか、本心はあなたにしか分かりませんからね。

元彼に返事をするのは、あなたの気持ちがまとまって答えが出てからでもOK。

まずはしっかりと自分の気持ちと向き合い、自分がどうしたいのか、結論を出すことから始めましょう。

ほっとした気持ちは素直に表現する

音信不通だった元彼から連絡がくると、安心するという人も多いのではないでしょうか。

もしかしたらブロックされたのかも…という心配は、ひとまず払拭されますからね。

あなたが、元彼からlineなどでメッセージが来たことに対し、ほっとしたのであれば、その気持ちは素直に伝えましょう。

あなた自身に元彼に対する恋愛感情があるか、復縁したい気持ちがあるかどうかと、安心するのはまた別の話。

「何かあったのかと思って心配した」「何もなくて良かった」などと、返信してみてくださいね。

音信不通には大人の対応をする

元彼から連絡がきても、元彼があなたの連絡を無視していたという事実は変わりません。

本音では、無視した理由や原因などを知りたいと思うでしょう。

しかし、ここで「音信不通になった理由」を問いただすのは、得策ではありません。

放置されて悔しい、ムカつくなど様々な感情があるとは思いますが、掘り返すのはやめましょう。

どうしても気になるときには、「ずっと連絡なかったから心配したよ」くらいに留めておくとGood。

あなたが大人の対応をすることで、元彼の本音も見えてくるかもしれません。

ネガティブな感情は見せない

元彼と復縁したいという気持ちが強いと、「音信不通だった」ことばかりが気になってしまうもの。

そうすると、「どうせダメなんだろうな」などのネガティブな気持ちが、会話の中にも現れてしまいます。

しかし、ネガティブな気持ちを見せると、男性は一気に復縁に対して消極的になるでしょう。

元彼の気持ちが離れてしまうと、対処することはできません。

たとえ音信不通の時期があったとしても、今連絡をしてきてくれたことをポジティブに捉えることをおすすめします。

舞い上がらず期待しない

元彼から久しぶりにメッセージがくると、「まだやり直すチャンスがある」と思うのは当然のこと。

lineやメールでのやり取りが続くなら、尚更でしょう。

しかし、現時点ではあくまでも「元彼から連絡が来た」だけに過ぎません。

元彼の気持ちや真意は分からないので、むやみに期待して舞い上がるのはやめましょう。

意外と、男性は「暇だったから」などの理由で連絡をしてくることもあるもの。

元彼からの連絡に浮かれて復縁が叶った気になってしまうと、あとからあなたが辛い思いをする可能性があるのです。

音信不通の元彼が連絡してきた心理

音信不通の元彼が連絡してきた心理

好きな人から連絡が来れば、誰だって嬉しいですよね。

しかし相手が音信不通だった元彼であるなら、複雑な気持ちになるのも仕方がありません。

あなたのlineを無視していた元彼がいきなり連絡をしてくるのは、タイミングによっては自分の片思いが終わったからなど、復縁に期待が持てることもあるでしょう。

無視した頃と状況や心理に変化があった

あなたも元彼と別れてから、多くの人と関わってきたことでしょう。

人間関係にも、何かしらの変化があったのではないでしょうか。

そしてそれは、おそらく元彼も同じです。

たとえば、結婚など人生プランに大きな変化があったり、逆に離婚したというケースもあるでしょう。

あなたからの連絡を無視していた頃は、自分の恋愛がうまくいっていたのかもしれません。

次第に自分の恋愛がうまくいかなくなり、モヤモヤを解消するために元カノであるあなたに連絡した、というパターンは意外と多いものですよ。

連絡がこないので焦った

男性は、本能的に逃げるものを追いかけたくなるもの。

逆に、追いかけられると逃げたくなるのも男の性だと言われています。

あなたから頻繁に連絡が来ていた頃は、あなたに追いかけられるのが嫌だったのでしょう。

しかし、snsなどであなたが楽しそうにしていることを知り、まるで自分が振られたかのように錯覚したのかもしれません。

連絡が来ていた頃はウザくても、連絡がなくなった途端に焦ってしまうタイプですね。

いつまでも自分のことを好きでいるはずだと思っていたからこそ、一気に不安になって彼の方から連絡してきたというわけです。

罪悪感を感じた

あなたと元彼の関係性を、今一度振り返ってみてください。

実は彼は既婚者だった、不倫だったというケースもあるでしょう。

もしくは、自己都合で一方的に別れ話をした場合など、彼の中に罪悪感が芽生えていることも少なくありません。

自分の気持ちが落ち着いたことで、あなたに悪いことをしたなと思ったのではないでしょうか。

別れ話をした頃は自分のことしか考えられなかったものの、次第に「あんな言い方はしなくても良かった」と冷静になったのでしょう。

罪悪感を覚えて連絡をしてきただけなので、あなたに対する恋愛感情は残っていないことが多いです。

気持ちが再燃してきた

たとえば喧嘩した勢いで別れた場合など、別れた直後は冷静さを失っていることも少なくありません。

そういう場合は特に、気持ちが落ち着くまではあなたからのlineも無視するでしょう。

なぜなら、あなたに対するイライラしか心の中にないからです。

喧嘩した勢いが冷めると、なぜか急に寂しくなってしまうもの。

何かの拍子にあなたのことを思い出したり、他の女性と関わったことであなたの良さを再確認したのかもしれません。

徐々に彼の中であなたとの思い出が蘇ってきていて、思わず連絡してしまったのでしょう。

そもそも音信不通だと思っていない

あなたは、彼に連絡をしたときに返事が来なかった=音信不通だと思っていても、相手も同じ気持ちとは限りません。

もしかすると、彼はたまたまタイミングが悪くて返信をしなかっただけであり、音信不通だとは思っていないケースもあるのです。

自分が返事をせず、あなたからも連絡が来なかったことで、「もしかするとこのまま自然消滅になるのでは?」と感じたのではないでしょうか。

あなたとはしっかり別れていても、何だかんだで関係は続くと思っていたのかもしれません。

自分勝手な理由ではありますが、恋愛経験の少ない男性には、割とよくある心理と言えるでしょう。

音信不通にする男性の特徴ってある?

音信不通にする男性の特徴ってある?

相手が誰であるかに関わらず、lineやメールが来たらすぐに返すという人もいますよね。

しかし全員が連絡がマメなタイプではなく、中にはlineの通知が来てもなかなか見ない、見ても返さないという人もいるもの。

そして返すのを忘れて音信不通になるわけですが、以下のような男性の場合、よりその傾向が強いと言えるでしょう。

めんどくさがり

何でもかんでも後回しにしてしまう性格の男性は、間違いなく音信不通になりやすいと言えます。

電話であればまだしも、lineやメールは自分の都合の良いときに返せば良いもの。

たまたま忙しかったというケースももちろんありますが、人を選んで返信しないという男性も少なくありません。

あなたとのlineは長くなりそうだな、面倒くさい内容になりそうだなと思うからこそ、あえて返信せずに放置しておくのです。

めんどくさがりな男性は、デートプランを考えるのも億劫だったり、付き合っている頃から人任せにすることが多かったのではないでしょうか。

自己中心的な言動がある

音信不通にするというのは、相手に対して非常に失礼な行為と言わざるを得ません。

どんなに忙しくても、最低限返信はするべきですよね。

それを気にせず音信不通にする男性は、普段から度々自己中心的な行動が見られるもの。

たとえば自分勝手に何でも物事を決めたり、別れた彼女(あなた)に恋愛相談をしてきた、なんてことはありませんか?

本人は特に悪いことをしている、相手を傷つけているという自覚はなく、ただ自分の好きなことをしているに過ぎません。

lineを返さず結果として音信不通になるのも、自己中心的な人だからだと言えるでしょう。

仕事や趣味を優先する

音信不通にする人というのは、恋愛が一番ではありません。

自分の人生の中で何を最優先するかは、人それぞれ違います。

もちろん、恋愛を最優先にする人もいれば、そうではない人もいますよね。

プライベートな連絡をしない、返さない人は、恋愛よりも仕事を優先に捉えている人が多いです。

仕事や趣味に時間を使いたいという気持ちが、そっくりそのまま現れているのでしょう。

このタイプは恋愛をめんどくさいと思っていることが多く、元カノとのやり取りなど何の意味もないため、仕事や趣味に没頭したいと考えるのかもしれません。

連絡がきた後に復活を望むなら注意したいポイント

連絡がきた後に復活を望むなら注意したいポイント

好きな人や元彼から連絡がくると、思わず「復縁の可能性」を考えてしまいますよね。

確かに、連絡が来たということは可能性はゼロではありません。

しかし、本気で彼との復縁を望むのであれば、「連絡が来たあとの対応」が重要だということを忘れないでおきましょう。

価値観のすり合わせをする

あなたと元彼は、なぜ別れてしまったのでしょうか。

明らかな理由があるケースもあれば、そうではないケースもあると思います。

これといった明白な理由がない場合、大半は価値観の違いやすれ違いが別れの原因でしょう。

復縁するためにはお互いの価値観をすり合わせたり、少しでも近づける、いわゆる妥協点を見つけることが必要不可欠。

お互いの価値観をすり合わせておかないと、たとえやり直せたと思ってもまた同じ道を辿ることが目に見えていますよね。

元彼から連絡がきたとき、すぐに復縁の方向に話を進めるのではなく、些細な相談をするなど会話を重ね、価値観を合わせていきましょう。

譲れないことの境界をはっきりする

元彼との復縁で頭がいっぱいになってしまうと、つい自分を殺して相手に合わせてしまいがち。

もちろん、時には相手に合わせることも必要でしょうが、何でもかんでも肯定するのは違いますよね。

これではただの都合のいい女になってしまいます。

きちんと恋人としての関係を修復したいのなら、元彼との距離感を意識しましょう。

そして、自分にとって譲れないポイントをはっきりさせておくことが大切です。

現時点ではあなたと彼は恋人ではない、ということをしっかり自覚し、一定の距離を保ちながら自分の意見も伝えていくと、自立した女性というイメージを与えるだけでなく、同じ過ちを繰り返すリスクも減らせるはずです。

相手に依存しすぎない

元彼のことが好きであればあるほど、復縁したい気持ちが強くなるのはおかしなことではありません。

しかし、「復縁」で頭がいっぱいになってしまうと、目の前のことしか見えなくなってしまいます。

人は、余裕がないと正しい判断ができなくなる上、離れたくない気持ちばかりが先走ってしまい、しつこい女、依存性だと思われてしまうでしょう。

男性は追いかけられると逃げたくなるので、あなたがしつこく彼に依存するのは逆効果でしかありません。

好きという気持ちを伝えるのは良いですが、気持ちを押し付けたり彼に依存しすぎないように気をつけてください。

一人時間を楽しめるようにする

恋愛そのものや好きな人に依存しないためには、恋愛以外に夢中になれることを見つけましょう。

友達と遊んだり、悩みを相談したりするのも良いですが、やはり一人の時間を満喫できる女性の方が復縁がうまくいく可能性も高いと言えます。

なぜなら、自分の時間を大切にしている女性となら、やり直しても上手くいくのではないかと思えるから。

また、一人だからこそできること、というのもたくさんあります。

たとえば自分磨きをして見た目を変える、目標を達成して自信が持てるようになれば、自然と元彼との関わり方も変わってくるのではないでしょうか。

音信不通の彼から連絡がきたら自分の気持ちを大切にしよう

音信不通の彼から連絡がきたら自分の気持ちを大切にしよう

別れた彼氏との付き合い方、関わり方は人それぞれであり、どれが正解ということはありません。

強いて言うなら、「あなたのやりたいこと」を貫くことが正解でしょう。

音信不通だった元彼から連絡がきて嬉しいと思うのか、今更なんなの?と思うのか、それはあなたにしか分からないこと。

自分の気持ちに正直になり、元彼に素直に伝えてみてください。

連絡がきたからといって必ずしも脈ありとは言えませんが、自分の気持ちを大切にすることで、先に進めるようになるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次