MENU

【元彼に連絡してしまった】後悔を解消するコツと連絡するときの注意点まとめ

※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

恋人と別れたあと、どうしても未練があり、つい連絡してしまうことがあります。その連絡をした直後、大きな後悔に襲われた経験はありませんか?

もう終わったはずの恋愛なのに、まだ後悔を繰り返して辛い思いをする。そんな状況から抜け出すには、どうすれば良いのでしょうか?

後悔を解消するにはいくつかのコツがあるので知っておくと良いでしょう。

目次

元彼に連絡してしまったと後悔する理由

元彼に連絡してしまったと後悔する理由

電話やLINEなどの連絡は日常的に行うものです。しかし、相手が元彼となると、どうして後悔してしまうのでしょうか?

後悔を解消するためには、まずその理由を把握する必要があります。

感情に振り回されてしまったことへの自己嫌悪

元彼に連絡をして後悔するのは、自分の意に反した行動をしているためです。もし、復縁を目指しているのであれば、元彼に連絡するだけなら後悔はしないはずです。

しかし、元彼のことを忘れようとしているのに、ついついスマホに手が伸び、気がつけば元彼に連絡をしている。自分では連絡をするべきではないと理解しているのに、感情に振り回されて連絡をした結果、自己嫌悪に陥ってしまうのです。

さらに傷つく可能性がある

元彼に連絡するべきではないと思いつつ連絡してしまうのは、やはり返信を期待してのことです。

ただ、別れた相手なので、いくら電話したり、メッセージを送ったとしても、無視される可能性があります。

また、返事があったとしても、「もう連絡しないでくれ」などと、冷たい反応が返ってくる可能性もあるでしょう。

連絡をする際は期待の感情が強くて少し興奮状態となります。しかし、しばらくして冷静さを取り戻して興奮が落ち着くと、無視や冷たい反応などの傷つくリスクに不安を感じ始めるでしょう。その不安が後悔へと繋がります。

元彼の対応が冷たいと落ち込む

期待が強くて不安が生まれない人は、元彼に連絡を送った直後に後悔しない場合もあるでしょう。

しかし、元彼から連絡が返ってきたときに、その反応が冷たいと一気に連絡したことを後悔する場合があります。

また、現実を突きつけられたことで、なぜ冷たい反応が返ってくる可能性を予想しなかったのかと、後悔することにもなるでしょう。

期待と現実のギャップが大きいと、後悔も大きくなるので期待しすぎることには注意が必要です。

元彼を警戒させてしまう

復縁を目指している場合は、元彼に連絡しても後悔しないでしょう。

しかし、タイミングや元彼の気持ちなどを考えずに連絡すると、嫌がられたり、復縁を警戒されたりする危険性があります。

また、警戒して連絡を無視している元彼に、返事がないからと一方的に連絡を続ければ、どんどん印象が悪くなります。

少し時間を開ければ復縁の可能性があったかもしれないのに、その芽を自ら完全に摘んでしまった。そのことに気がついた瞬間には大きな後悔に襲われるでしょう。

都合のいい相手にされる

もし、元彼から良い反応が返ってきたとしても、まだ油断はできません。

連絡がちゃんと返ってきたり、連絡が再開して会えるようになれば、復縁に向かっていると期待してしまうでしょう。

しかし、こちらから連絡して未練が残っていることを元彼に悟られたことで、都合の良いときに連絡したり、会ったりできる存在と判断される危険性があります。

また、元彼とやり取りをしていて良い反応があったとしても、実は友人関係に戻ったような感覚で、復縁を何も意識していない場合もあります。

その際には、元彼に新しい女性の影が見えて、ショックを受ける可能性もあるでしょう。

元彼からの反応が良かった分、後悔は大きくなってしまいます。

なぜ元彼に連絡してしまうのか?

なぜ元彼に連絡してしまうのか?

元彼に連絡をすれば後悔することを理解している人は多いです。

それでも元彼に連絡してしまう。なぜ、後悔するとわかっているのに、連絡してしまうのでしょうか?

恋愛感情が残っている

後悔するとわかっていながら元彼に連絡してしまう定番の理由は、まだ元彼のことが好きだからです。

別れた直後は、元彼との思い出が頭の中を勝手に駆け回り、忘れようにも忘れさせてくれない状況が続きます。

また、SNSで2人のデートの様子や記念日を祝うなどの幸せだった時期の写真を観て、恋愛感情が再燃してくる場合もあります。

自分の気持ちを整理して、元彼への恋愛感情を消し去らない限りは、ふとした瞬間に連絡したくなる衝動に襲われてしまうでしょう。

寂しさを埋めたい

失恋した直後は気分が落ち込み、仕事をしているときも、友達と会話しているときも上の空ということもあるでしょう。

しかし、元気のない期間がしばらく続くと、次は急に寂しさを感じて始めます。

その寂しさを埋めるために、仕事や勉強に集中したり、友達と遊んだり、新しい出会いを求めたりなどするでしょう。

しかし、何をしても気分は戻らず、この寂しさを埋められるのは元彼だけと思ってしまい、連絡をしてしまいます。

未練がある

元彼への未練が残っていれば、復縁を目指すという選択肢もあります。

しかし、復縁はなかなか実現しないと言われているので、最初から諦めムードとなる人も多いです。

ただ、心の片隅では諦めきれずに復縁を望んでいる…。

そのため、連絡しても元彼に迷惑をかけるだけと思いつつも、ついついスマホに手が伸びてしまいます。

元彼との思い出が忘れられない

元彼への未練が強く残っているほど、連絡したい気持ちは強くなります。そのため、元彼との幸せな記憶が多ければ多いほど、連絡したい気持ちも強くなるでしょう。

また、元彼のことを忘れていても、思い出の品が出てきたり、SNSで楽しかった時期の写真を見たりなどすることで、元彼との思い出がフラッシュバックすることもあります。その際に、急に元彼に連絡したくなる場合もあります。

自分の気持ちを確かめたい

未練の形もいろいろです。急に別れを告げられたり、喧嘩の勢いで別れたり、連絡だけで別れ話をして最後は顔を合わせていないなど、元彼との別れに納得できていない場合にも未練は残ります。

このようなパターンでは、本当に彼氏と別れてもう良いのか迷いや悩みを感じることもあるでしょう。

そのため、本当に別れても良いのか自分の気持ちを確認するために、元彼に連絡したいと思うことがあります。

恋愛感情が残っている場合とは異なり、自分が納得するための前向きな連絡なので、これは後悔しない連絡でしょう。

ただし、連絡の目的が前向きなものであっても、元彼からの冷たい反応や別れの原因に納得ができなかった場合などは後悔する可能性もあるので注意が必要です。

元彼に連絡してしまったと後悔する女性がやりがちなNG行動

元彼に連絡してしまったと後悔する女性がやりがちなNG行動

元彼に連絡をして後悔しても、その後悔をした時点で身を引けばダメージは少なくて済みます。

しかし、後悔しているにもかかわらず、元彼への連絡を続けてズンズンと後悔の深みにハマっていく人もいます。

このようなタイプの女性はNG行動している可能性が高いです。後悔を大きくしないためにも、NG行動を把握しておきましょう。

何度も連絡する

元彼への連絡は、1回してしまうと歯止めが効かなくなる場合があります。

メッセージを送ったが元彼は未読スルー。

数日後に返事がなかったので、再びメッセージを送る。

そして、未読スルーと一方的な連絡が繰り返されます。

未読スルーされるたびに後悔するのですが、それでも連絡をやめられずに送り続けて精神がボロボロになっていきます。元彼から冷たい反応が返ってくる場合も同様です。

また、元彼が迷惑に思っているにもかかわらず、何度も連絡を続けることで、復縁の芽も摘んだことにも気がついて後悔してしまいます。

恋人気分で話してしまう

元彼から連絡が返ってくれば嬉しく思うでしょう。また、これまで付き合っていたこともあり、距離感を誤って、まだ彼女であるかのように錯覚することもあるでしょう。

しかし、元彼も同じように思っているとは限りません。そのため、恋人気分で話してしまうと、自分と元彼の感じている距離感の差によって、さらに距離を取られる危険性があります。

元彼からの連絡が嬉しくて、ついつい恋人気分になってしまいますが、その気分を元彼に押し付けないように注意しましょう。

焦りを見せる

復縁を強く望んでいる場合、元彼に連絡して返事が返ってこなければ焦りを感じるでしょう。

しかし、連絡がこないからといって、何度も連絡をすれば元彼に警戒されて距離を取られてしまいます。

また、焦ることによってアプローチが必死になる可能性もあります。鼻息荒く距離を詰めようとすることで、元彼に恐怖心を与える危険性もあるでしょう。

元彼に恐怖を感じられると復縁の確率を大きく下げるので注意が必要です。

元彼を試してしまう

自分が元彼に未練を持っているとき、元彼の方はどう思っているのかは気になるところです。

そのため、新しい出会いはあったのか、気になる女性はできたのか、少し遠まわしに現在の元彼の近況を連絡で探ってしまう人もいるでしょう。

しかし、自分は遠まわしのつもりでも、元彼は探りを入れられていると察知されます。

探りを入れられ、自分が試されていると思うことで、元彼は気分を悪くしたり、圧を感じてストレスを受けます。そうなると、距離を取られてしまうので注意しましょう。

無理に距離を縮めようとする

元彼に未練があると、復縁のアプローチは必死になりがちです。また、最近までカップルであったことから、すぐに距離を詰められると思ってしまいがちです。

しかし、実際には破局した元彼と自分の間には大きな壁があります。その壁を無視して無理に距離を縮めようとすると、元彼が警戒してしまいます。

グイグイと来る相手に対して引いてしまうのは、女性も男性も関係なく、恋愛心理の定番です。

距離は焦って一気に詰めるのではなく、必ず元彼が保とうとしている距離感を見極めながら、徐々に詰めていくようにしましょう。

気持ちをストレートに伝える

復縁を望んでいる場合、いきなりその気持ちを元彼に伝える人がいます。

恋愛では本音を伝えることは重要です。しかし、これも元彼との距離感を無視して一気に距離を近づけようとするNG行為です。

まだ未練が残っているとストレートに伝えれば、元彼から重く思われて距離を取られてしまいます。

復縁は時間をかけて行うものであり、時には連絡もしない冷却期間を数カ月くらい設けた方が良い場合もあります。

そのため、気持ちをストレートに伝えるのは、時間をかけて十分に元彼との距離が縮まってからでないといけません。

復縁したい元彼に連絡しちゃったときの対処法

復縁したい元彼に連絡しちゃったときの対処法

復縁を目指すのであれば、元彼への連絡が必要です。しかし、別れた相手への連絡は警戒心を持たれるリスクがあり、連絡したことを後悔する場合があります。

では、連絡をしたあとに後悔した場合、どのような対処をすべきなのでしょうか?

素直に謝る

連絡をしたことで、元彼に迷惑をかけたと思って後悔することもあるでしょう。そのような場合は、素直に謝りましょう。

謝罪の言葉は元彼から距離を取られることを防いでくれます。

ただし、「まだ未練があり、我慢できなくて連絡してしまった」のように、謝罪の中に自分の気持ちを含まないように注意しましょう。

気持ちをストレートに伝えることになり、距離を取られてしまいます。

また、謝罪は成功するとは限らず、元彼から無視されたり、冷たい反応が返ってくる可能性があることも理解し、覚悟しておきましょう。

冷却期間を延期する

元彼に連絡をしても無視されることもあります。その際に、返事がないからと何度も連絡を送るのはNG行為です。

元彼から連絡がない場合は、ひとまず連絡を諦めて冷却期間を設けましょう。

時間を空けることで、元彼の気持ちが落ち着いたり、変化が起こるなどして、連絡が返ってくるようになる場合もあります。

もし、また連絡が返ってこなければ、冷却期間を延期しましょう。

復縁にかける期間の目安は2カ月~3カ月と言われていて、長ければ半年以上、年単位の時間が必要です。

なかなか元彼との距離が縮まらないので焦りを感じるでしょうが、復縁は長期戦で挑むものと腹をくくりましょう。

折り返しを期待しない

元彼から折り返しがなければ、連絡したことを後悔するでしょう。

その後悔は折り返しの期待が強ければ強いほど、大きくなります。逆に、折り返しを期待していなければ、後悔によるダメージが少なくて済みます。

復縁は成功確率が低いと言われているので、ダメでもともと、当たって砕けろなどの精神論が意外と効果的な対処法です。

できるだけポジティブな感情を維持することが、長期戦となる復縁では重要なためです。

折り返しがなかったことも、無理に連絡を取り合って印象を悪くするリスクが避けられたと思って、前向きに考え、冷却期間に入りましょう。

元彼に連絡したい気持ちを抑える方法

元彼に連絡したい気持ちを抑える方法

未練が残る元彼に連絡したくなるのは仕方ないことではあります。しかし、後悔するくらいなら連絡はしたくないと、必死にその気持ちを抑える人もいるでしょう。

では、元彼に連絡したくなったとき、その気持ちを抑えるにはどうすれば良いのでしょうか?

家族や友人の時間を大切にする

元彼に連絡したい気持ちを手っ取り早く抑える方法は、その連絡したい気持ちを忘れてしまうことです。

そのため、家族や友人などとの時間を大切にして、頭の中を元彼から別の人のことへと切り替えましょう。

最初は元彼のことが頭の中でチラつくでしょうが、時間をかけることで徐々に薄れていきます。

なるべく早く元彼のことを頭の中から消したいのであれば、家族と過ごす時間を増やしたり、友人とイベントや旅行などに出かけて思いっきり楽しむなどすると良いでしょう。

思い出すモノは片付ける

元彼のことを頭の中から消そうとしても、些細なことで記憶が戻って連絡したい気持ちが復活することもあります。

元彼のことを思い出すきっかけとなりやすいのは、思い出の品です。

人の価値観はそれぞれなので、カバンや財布のような実用性のあるプレゼントであれば、元彼から貰った物でも使い続ける人もいるでしょう。

しかし、そのプレゼントを見たときには元彼の記憶が蘇ってしまいます。

また、「このお菓子、元彼と食べたぁ…」「このブランド、元彼が好きだったぁ…」など、元彼から直接もらった物でなくても、連想や連鎖などによって過去の記憶を掘り起こすような物にも注意が必要です。

そのため、元彼のことをスッパリと忘れたいのであれば、思い出に関連しそうな物は徹底的に片付けましょう。

趣味に没頭する

元彼のことを頭の中から消すには、別のことで頭をいっぱいにすることが効果的です。

そのため、趣味に没頭して、他のことを考えないようにしても良いでしょう。

趣味がない場合は、まず趣味探しから始めましょう。

自分に合う趣味はないかと考えている時点で、頭の中は切り替えられています。

また、趣味は1人で行えるものが良いでしょう。家族や友人などと都合を合わせる必要がないので、没頭しやすいです。

元彼に連絡する前に自分自身を振り返えろう

元彼に連絡する前に自分自身を振り返る

元彼に連絡したくなることはあります。しかし、絶対に復縁したい、別れの原因に納得したいなどの前向きな目的がなければ、連絡したことを後悔する可能性があります。

そのため、まずは自分がどうして元彼に連絡したいと思っているのか、その理由を自分自身に問いかけてみましょう。

きっと冷静な判断ができ、後悔を避けられるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次