MENU

長く付き合ったカップルに復縁の可能性は?別れたあとにとるべき具体策&ポイント

長く付き合ったカップルに復縁の可能性
※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

長く付き合った恋人と別れて後悔し、復縁の可能性を探っている人もいるのではないでしょうか。

「長く関わった相手だからうまくいくのでは?」「でも、元彼はもう自分を好きじゃないかも」と期待と不安がまじって複雑な心境かもしれませんね。

長く付き合ったカップルの復縁の可能性を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

長く付き合ったカップルの復縁の可能性が高い理由

長く付き合ったカップルの復縁の可能性が高い理由

結論から述べると、長く付き合っていたカップルは復縁できる可能性が高いです。

時間をかけて関係を育んできた仲ですから、お互いに相手を特別な存在と感じているはず。別れた理由や状況にもよりますが、基本的に復縁成就しやすいといえます。

まずは、長く交際してきたカップルが復縁しやすい5つの理由をご紹介しましょう。

相性が良いのが分かっている

長続きしたカップルが復縁しやすい理由の1つが、相性の良さを実感していることです。

そもそも、相性が悪かったら長い付き合いになるわけがありません。長い時間ともに歩んできた恋人同士なら、好相性と言い切っていいでしょう。

ずっと一緒にいて違和感がなかったり、長く会話をしていても飽きなかったり、居心地の良さを感じたり、といった覚えがあるはず。

お互いに相性がいいと分かっているため、高確率でよりを戻せるのです。

一人になってから寂しさを実感する

復縁の可能性が高い理由として、一人になってみると寂しくなる心理状態も挙げられます。

長く付き合っていると恋人が空気のように自然に感じられ、相手に対する感謝が薄れてくるカップルが多いかもしれません。

ところが、いざ離れてみると孤独が身にしみて「一人で過ごすのは耐えられない」「誰かにそばにいてほしい」と思う人が少なくありません。

そのため、「やっぱり復縁しようかな」と心が揺れ動く可能性は大です。

共通の思い出が多い

共通の思い出が多い点も、長く付き合ったカップルが復縁できる可能性を高める要素です。

同じ時間を過ごした、同じ趣味があった、同じものを見て泣いたり笑ったりしてきた……。

共通する体験を重ねてきた感覚は、長い付き合いのカップルならではのもの。長く付き合った人同士は、他の人とは分かち合えない思い出をたくさん共有しています。

思い出の数が多いほど絆も強いため、やり直したくなる理由になるでしょう。

新しい恋愛を始める自信がない

ネガティブな理由かもしれませんが、元彼が次の恋を始める自信がないタイプなら、復縁の成功率が高いです。

元彼氏が自分自身にコンプレックスを持っている場合、「簡単に次の彼女が見つかるほど自分は魅力的じゃない」と考えやすいでしょう。

しかも、新たな出会いに向けてアクションを取り、知らない人と一から関係を築くのはエネルギーがいります。

新しい恋愛ができる自信がないという理由で、元カノに戻ってくる男性もいるものです。

些細な変化でも気づいてもらえる可能性がある

元彼が「彼女は以前とはどこか変わったな」と気づいたことが、復縁のきっかけになるケースもあります。

大好きな恋人との別れは、人を変えてしまう出来事です。本人も気づかないうちに雰囲気が変わる人もいれば、自分で意識して外見や行動を変える人もいるでしょう。

初めて会った相手が他人の変化に気づくことはありませんが、長く付き合ったカップルは相手の些細な変化にも敏感です。

変化に気づいたことが、恋愛感情の再燃につながるかもしれません。

長く付き合った彼と別れた後にするべきこと

長く付き合った彼と別れた後にするべきこと

長く付き合った彼と復縁したい人がするべきことを、具体的にご紹介します。

長く交際したカップルは復活愛の可能性が高いですが、別れたからにはそれ相応の理由があるでしょう。関係を再構築するためには以下の努力が必要です。

冷却期間をおく

まずは基本的な復縁方法として、冷却期間をおくのが得策です。

半年を目処に元彼と距離をおくという方法です。会う機会を避け、連絡も断ちましょう。

いつも顔を合わせていては、元彼は一人になった寂しさを実感する間がないからです。

冷却期間をおくことで、元カレが「元カノは自分にとってかけがえのない存在だった」と気づき、愛が再燃する確率が高まります。

冷却期間中は中途半端な態度を取らず、徹底して相手に近づかないよう要注意。

新しい自分になるように努力をする

長い交際の後で別れた女性は、自分を変える努力が必要です。

今までの自分では相手の心をつかめなくなった、という現実を受け入れるしかありません。

以前と変わらない自分のまま、元彼にもう一度愛されようとしても、難しいでしょう。

また、長く付き合ったカップルの場合、相手に自分を知られすぎて関心を引く存在ではなくなってしまうパターンも多いです。

自分磨きをして新たな魅力を得ることで、復縁の可能性が高まりますよ。

元彼に執着せず仕事や趣味を充実させる

遠回りなようですが、元恋人に執着せずに自分の時間を充実させるのも、復縁の確率を高める方法です。

仕事や趣味などを充実させている女性は、誰が見ても魅力的でしょう。

特に冷却期間を経て再会した場合、元彼は元カノの変化に気づいて驚くかもしれません。

「こんなに魅力のある女性だったんだ」と見直し、別れたのを後悔する可能性もあります。

一旦は元彼のことを忘れるくらい、とことん何かに没頭して日々を充実させましょう。

ネガティブな部分を排除する

長く付き合った元彼との復縁では、自分の言動や態度からネガティブ要素を取り除く努力も欠かせません。

長い付き合いを通して彼氏に気を許した女性は、ネガティブな面を見せる傾向があります。

その場にいない人の悪口や陰口を言ったり、愚痴や後ろ向きの発言が多かったり……。

しかし、ネガティブな言動が原因で、彼女に幻滅してしまう男性が少なくないのです。

そういった残念な部分をなくすと、男性から見て復縁したくなる女性に近づきますよ。

長く付き合った彼との復縁に必要なことは?

長く付き合った彼との復縁に必要なことは?

長く交際した男性とやり直すためには何が必要でしょうか?

復縁できる可能性は高いとはいえ、二人が恋人に戻るまでには努力がいるのも確かです。

復縁する上で本当に必要なことは何なのか、改めて考えてみましょう。

焦らずに友達関係に戻る

復縁を果たすには、すぐに恋人に戻るのではなく、友達関係を築くところから始めるのもありです。

「早く彼氏の心を取り戻したい」と願う気持ちは、愛情が深いほど湧いてくるでしょうが、復縁に焦りは禁物。

なぜなら、元カノが焦ってガツガツした雰囲気でアピールすると、気持ちが冷めやすいのが男性心理だからです。

冷却期間のあとで恋人未満の期間を作り、友達感覚で自然に接すると有効な例が多いです。

今の悩みを素直に伝える

今、何か悩んでいることがあれば、素直に元彼に打ち明けるのもいいでしょう。

自分が女性として魅力的に振る舞ったり愛情をアピールすることばかりが、復縁へのアクションとは限りません。

「○○君だから言うけど」と前置きをして、仕事や人間関係の悩みを相談するのも一つ。

悩み事のような深い話は、長く付き合った元恋人だからこそ話せる内容といえます。

二人の関係が特別なものであることを認識させるきっかけになるかもしれませんね。

自分よりも元彼の気持ちを尊重する

復縁を成功させるために必要なのが、自分よりも元彼の気持ちを尊重する姿勢です。

相手に対する一途な思いを素直に伝えるのは、決して悪いことではありません。

ただし、一方的に好意を押しつけると「身勝手な女性だな」という印象を持たれかねないので要注意。

元彼の都合を理解する、元彼の心境を察して振る舞う、彼氏が嫌がることはしない、といった気遣いが求められます。

相手のためを思って振る舞えるかが、復縁の成否を分けるでしょう。

長く付き合っていたほうが復縁に不利になることもある

長く付き合っていたほうが復縁に不利になることもある

ここまで、長く付き合ってきたカップルは復縁できる可能性が高いと述べてきました。

しかし一方で、長く交際してきたことが裏目に出て、復縁しにくくなるカップルもいます。

復縁に不利になりがちなパターンは以下の通りです。

相手の気持ちが固まっている

長年付き合った後に破局した場合、恋人は決意を固めて別れを選んだと想像がつきます。

時間をかけて熟考の末に別れた元彼なら、今さらやり直そうとは思わない可能性が高いでしょう。

元カノが復縁したいと告白しても「何を言われても気持ちは変わらない」といった回答が戻ってくるかもしれません。

相手の気持ちがすでに固まっていれば、どんなテクニックを使っても復縁は簡単ではなく、アクションを取っても辛い思いをする可能性があるでしょう。

変化を感じても信用してもらえない

元カノが充実した時間を送って魅力的になれば、元彼が変化に気づきやすいのは確かです。

しかし、別れた原因が「元カノの人間性そのものを信用できなくなったこと」にあるなら、復縁は厳しいと言わざるを得ません。

たとえば、裏表がある、感情的ですぐ喧嘩になる、嘘をつく、浮気をした、など。

辛い現実ですが、以上に当てはまる行為をした女性は、元彼に「自分は変わった」という印象を与えたとしても復縁の確率が低いです。

将来を考えられない

長く付き合ったカップルが復縁できない理由には、二人の将来を考えられないというものも挙げられます。

相手と幸せになる将来をイメージできないなら、復縁する意味はないと言っても大袈裟ではないでしょう。

重い決断をして別れたはずの相手と復縁するときは、「もう二度と離れない」「ずっと一緒にいよう」と誓うカップルがほとんどなのです。

相手に好感が持てても将来を考えられない場合は、「友人としてつき合おう」との判断になるかもしれません。

マンネリ状態になる

長い付き合いでマンネリ状態に陥ったカップルも、復縁の可能性は低い傾向にあります。

一説では「カップルのマンネリ化は浮気よりも危機的状況だ」と言われています。

マンネリ状態は、交際が退屈になり、どちらかの愛情が枯渇してしまいがちだからです。

マンネリが原因で別れた場合、「復縁してもまた同じ状態に陥りそうだ」と想像がついてしまいます。そのため、気持ちが復縁に向かっていかないことが多いのです。

復縁の可能性を高めるポイント

復縁の可能性を高めるポイント

長続きしたカップルが復縁できる可能性は、別れた原因や状況によって違ってきますが、総じて復縁成就の確率が高いでしょう。

そこで、復縁を阻む問題を解消し、復縁の可能性をさらに高めるポイントを伝授します。

自分の気持ちの確認をする

復縁の可能性を高めるポイントの1つは、自分の気持ちを確かめること。

本気で彼の気持ちを取り戻したいのか、寂しさを埋めたいだけか、自分の気持ちをしっかり見つめ直しましょう。

「次の恋に進もう」と思える場合は、復縁しないのも立派な選択肢です。

過去の問題を解決する

復縁の可能性を高める上で欠かせないのが、過去の問題点を解決することです。

長く付き合ったのに別れた原因は何だったのでしょうか?

言葉、行動、態度、LINEやメールの頻度、デートの仕方などを改善しましょう。

内面・外見の変化を感じさせる

自分磨きをして相手に自分の変化を感じさせるのも、復縁に効果的。

無料で手軽にできる方法を探して、ダイエットをしたり学びの時間をとったりしましょう。

内面も外見も成長した自分の姿を、SNSにアップするのもおすすめですよ。

新鮮な気持ちにさせる

復縁を成功させるには、相手に新鮮な気持ちを起こさせることがポイント。

マンネリ打破に力を注ぎ、二人で新しい付き合い方を見つけるのが大切です。

デートコースやLINEの連絡方法を変え、相手を飽きさせない工夫をしましょう。

当時の記憶をよみがえらせる

長く付き合ったカップルなら、交際中に良い関係だった時期があったのでしょう。

幸せだった当時の記憶を思い出させると技ありです。

冷却期間をおいてからの初回の連絡は、元彼の誕生日や記念日をおすすめします。

幸せな将来をイメージさせる

相手に幸せな将来をイメージさせられれば、復縁への大きな前進になります。

結婚や同棲など、次のステップで幸せになれる印象を与えることが重要です。

そのためにも、自分の中のネガティブな部分は減らすよう努めましょう。

復縁の成功例と失敗例

復縁の成功例と失敗例

長期間付き合っていた相手との別れは、非常に辛いものです。しかし、復縁の可能性はあるので、焦らずに考えてみることが大切です。

成功例の共通点

復縁に成功したカップルには、いくつかの共通点があります。まず、相手の気持ちを理解し、相手の求めるものを理解することが重要です。

また、自分自身を磨き、自己改善を行うことも大切です。さらに、前向きな姿勢で相手とのコミュニケーションを取り、相手に自分の変化をアピールすることも成功のポイントとなります。

失敗例の共通点

失敗例には、復縁を諦めてしまうケースや、再び別れてしまうケースなどがあります。

失敗例の共通点として、相手の気持ちを無視して自分勝手な行動をしてしまうことが挙げられます。

また、相手に執着しすぎて、ストーカーのようになってしまうケースもあります。復縁を成功させるためには、相手の気持ちを尊重し、自分自身を磨くことが大切です。

復縁を避けるべき時はある?

復縁を避けるべき時はある?

復縁に向かって一歩を踏み出すためには、タイミングも大切です。

復縁を避けたほうがいい時もあるため、3つをピックアップしてご紹介します。

以下に当てはまる時期は避けて、復縁成就のチャンスを待ったほうがいいでしょう。

再び同じ問題に直面するリスクがある

復縁してもまた同じ問題にぶつかりそうだと感じる時は、動かないのが賢明です。

誰しもが物の考え方に癖があるため、欠点や弱点を直して自分を変えるのは簡単ではありません。

自分が別れた原因と同様のことを繰り返しそうなら、少し待ちましょう。

相手の気持ちの変化

相手の気持ちに変化が見られない時も、復縁を避けるべきです。

「別れたことを後悔していない」「一人でほっとしている」といった時に連絡を取っても、成功する確率は低いです。

冷却期間をおき、相手の気持ちが変わるタイミングを見極めてください。

自分自身の成長と変化

自分が以前と比べて成長していないと思うなら、復縁は先延ばしにしてください。

復縁の前に「自分自身が成長して変わった」という自信を持つステップが必要です。

人間として一皮むけた姿で元彼に再会することを意識しましょう。

まとめ

まとめ

長く付き合ったカップルが復縁できる可能性やとるべき具体策のポイントを解説しました。

交際期間が長かった二人は絆が強いため、復縁できる可能性が十分あります。

ただし、そのままの自分で復縁できるケースは少なく、自分を変える努力が必要です。それでも元彼への思いが本物なら、復縁に向かってアクションを起こしてみませんか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次