MENU

元彼に抱きつくのは復縁に効果ある?もっと優先すべき後悔しないアプローチ

※この記事を読む前に必ずお読みください

「もう一回やり直したい」
「彼の気持ちを知りたい」
「連絡の取りようが無くなった」

本気で復縁を叶えたいなら「彼の心理状態にあった言動とタイミング」が大切です。失敗する女性の多くが感情的に行動してしまい、自らそのチャンスを逃しています。

もし、あなたに復縁したい男性がいるなら、手遅れになる前にご相談ください。

※4,000円分の無料相談ができます。初めての方はこちらもご覧ください。

元彼と過ごした時間は、あなたにとってかけがえのない思い出であり、彼を失うことへの寂しさや未練を感じているのかもしれません。

でも、ただ感情にまかせて元彼に抱きついてしまったら、復縁のチャンスを逃してしまうかもしれません。

この記事を読むことで、あなたは元彼との関係をより良い方向へと進めることができるでしょう。

目次

元彼に抱きつくのは復縁に効果ある?

元彼に抱きつくのは復縁に効果ある?

抱きつきは強力な恋愛テクニックなので、これまで自信を持って使いこなしてきた人もいるでしょう。

しかし、復縁を目指す場合では相手が元彼となるので、少し状況が変わってきます。

では、復縁のアプローチでは、抱きつきはしない方が良いのでしょうか?

ボディタッチで感情が動くことがある

相手が元彼といえど、男性であることに変わりはありません。そのため、抱きつきなどのボディタッチで心を動かせる可能性はあるでしょう。異性からのボディタッチは好感を持ってもらいやすいです。

また、自分が元彼に対してまだ好意を持っているサインとしてアピールもできます。そのため、復縁に向かって元彼の男性心理をプラス方向に進められるでしょう。

復縁はプロセスが大切

​​元彼にもボディタッチは効果的です。しかし、いきなり抱きつくような強力なボディタッチをすると、元彼から距離を取られてしまう危険性があります。

いくら元恋人で、ハグやキスなどのスキンシップを当然のようにしていた関係であっても、破局しているのであれば距離感は守らないといけません。

そのため、まずはさりげなく腕や肩に触れるような軽めのボディタッチから始めるべきでしょう。

もし、そのプロセスを間違えると、ボデイタッチは逆効果となるので注意が必要です。

元彼に抱きつくと気持ちが戻る?

アプローチとして行うボディタッチで重要なのはプロセスです。もし、元彼との距離感やタイミングを間違えると、その瞬間に気持ちが戻るどころか離れてしまう可能性があります。

そのため、始めは元彼に警戒されないように、腕や肩にさりげなく触れ、ボディタッチのきっかけを作りましょう。

また、軽いボディタッチを続け、元彼との距離感が詰まってきたら、膝に触れたり、密着したりなど徐々に頻度や強さを上げていきましょう。

抱きつきはボディタッチの最終目標としておき、状況によっては復縁までに実現させなくても良いと考えておくべきです。

復縁したいとき元彼に抱きつくより優先すべきこと

復縁したいとき元彼に抱きつくより優先すべきこと

復縁でのアプローチの場合、抱きつきは逆効果となることがあります。では、復縁ではどのようなアプローチをするべきなのでしょうか?

復縁するまでスキンシップはとらない

通常の恋愛であれば、ボディタッチのようなスキンシップは効果が期待できます。

しかし、復縁の場合は相手が別れた彼氏です。お互いの性格や別れ方などにもよりますが、会話や電話、LINEなどをするだけで元彼がストレスを感じることもあります。

そんな元彼に積極的にアプローチをすると距離を取られてしまうでしょう。そのため、スキンシップをあえて減らし、冷却期間を設けることが重要となる場面もあります。

まずは数カ月、連絡もしないという状況からスタートすることもあるので、復縁は長期戦を覚悟が必要です。

尊敬される存在を目指す

元彼が自分と同じように未練を持っているとは限らず、別れたあとはキッパリとラインを引くタイプの可能性もあります。そのため、復縁では元彼の気持ちに変化を与え、恋愛感情を引き戻すことが重要です。

しかし、恋人関係であった時期の愛情を、いきなり取り戻してもらうことは困難でしょう。

そこで、まず元彼に与えるべき気持ちの変化は尊敬です。尊敬してもらうことで、一緒にいれば成長できると思われたり、信頼できる存在と判断されたりなどして、距離が縮められます。

距離が縮まれば、再び付き合いたいと思ってもらうためのアプローチがしやすくなるでしょう。

抱きつく以外の復縁のアプローチ方法

元彼と復縁するためにできること

復縁を成功させるには、ボディタッチのようなスキンシップは、あえてしない方が良い場面があります。

しかし、恋愛テクニックの定番であるボディタッチを封印した場合、どのようなアプローチをすれば良いのでしょうか?

言葉で甘えてコミュニケーションをとる

スキンシップを封印した場合、主なアプローチは言葉や態度になるでしょう。

言葉や態度で甘えれば、元彼に付き合っていたときの思い出を呼び起こせます。幸せだった時間をフラッシュバックさせることで、気持ちに変化を与えることができるでしょう。

また、軽率なスキンシップを避けられ、軽い女性と思われて印象を悪くすることもありません。そのため、必死のアプローチで元彼に抱きつき、プロセスを間違って復縁の確率を下げることもありません。

ただし、距離が縮まっていない状態でいきなり告白することは避けましょう。素直な気持ちを伝えることで好印象を与えますが、復縁が成功するかは別問題となります。

元彼との距離感の取り方

復縁の失敗でよくある原因はプロセスを間違ってしまうことです。

また、プロセスを間違う原因でよくあるのは、元彼との距離感の取り方を間違ってしまうことです。

復縁に限らず、好きな人が求める距離感を無視してグイグイとアプローチすると、相手は逃げてしまいます。

そのため、今は連絡もしたがっていない、連絡だけなら問題ない、友達関係なら続けられるなど、元彼の求める距離感を掴みましょう。

適度な距離感を保ち、元彼から距離を取られることを防ぎながらアプローチのチャンスを待ちましょう。

復縁を成功させるための心構え

復縁を目指す場合、あえて連絡を取らない冷却期間を設けたり、元彼の気持ちに変化を与えるために自分磨きをしたりなどが必要です。これらはどれも時間がかかるものです。復縁は早くても2カ月~3カ月はかかります。

また、場合によっては年単位の時間が必要になったり、半年以上も元彼に連絡すらできないこともあるでしょう。

しかし、なかなか成就に向かって進まないからと、焦ってアプローチをすれば距離感を見誤ってしまいます。そのため、復縁では焦らないことも大事です。

どうしても元彼に抱きつきたくなったときの注意点

どうしても元彼に抱きつきたくなったときの注意点

復縁を目指す場合、抱きついてはいけない場面は多いです。しかし、どうしても我慢ができず、抱きつきたくなることもあるでしょう。

では、そのような場合はどうするべきなのでしょうか?

元彼の感情を尊重する

距離感を間違ったスキンシップは、復縁の成功を遠ざけます。そのため、元彼が抱きついても良いと思ってくれていない場合は、その感情を尊重して自分自身でグッと押さえつけるしかありません。

もし、アプローチをして、抱きついても良いと思ってもらえているほど距離感が縮まっていれば、抱きついても問題ないでしょう。

それだけ距離感が縮まっていれば、抱きつきは解禁です。どんどんアプローチとして使っていくべきです。

場面やタイミングを選ぶ

いくら元彼が抱きつきを許してくれていても、相手や周りの様子はよく確認する必要があります。

友人たちが周囲にいるときや、仕事のミスや職場の人間関係などの深刻な悩みを抱えているときなど、空気を読まずに明るく抱きつけば印象が悪くなるでしょう。

せっかく抱きつきを許してもらえるほど距離が縮まったのに、また距離を取られてしまう危険性があるので注意が必要です。

抱きつく後の関係の変化を考えておく

抱きつきによるアプローチは諸刃の剣です。距離感が十分に縮まっていれば、元彼から好感を持ってもらい、さらに距離が縮まるでしょう。

しかし、距離が縮まっていなければ、元彼は警戒心を持ち、一気に距離を取る危険性があります。

抱きつきの結果によって、どんどんアプローチできるのか、また距離の詰め直しが必要なるのか、大きな分岐点になります。そのため、初回の抱きつきは、そのあとの関係性に大きな変化を与えるものだと理解しておきましょう。

元彼との関係を再構築するために必要なこと

元彼との関係を再構築するには、プロセスを誤らず、距離感を縮めていく必要があります。

では、その距離感は具体的にどのようなことをすれば縮められるのでしょうか?

過去の問題をクリアにする

元彼と別れたことには理由があるはずです。もし、その問題を抱えたままであれば、復縁に成功しても、また同じ理由が原因で破局することになります。

元彼がそのことを理解していれば、復縁は成功しないでしょう。そのため、復縁に対する不安を取り除くためにも、過去の問題である別れた理由はクリアにする必要があります。

もし、その過去の問題が浮気や価値観の違いなどの解決が困難なパターンであった場合は、クリアにするまで時間がかかるでしょう。

しかし、復縁は焦ってはいけません。ゆっくりと時間をかけて解決していきましょう。

新しい関係の築き方を話し合う

もし、復縁に成功しても、すぐに安心してはいけません。1度は別れたという現実は重く、日常生活内での些細な出来事がきっかけで、また破局する危険性がある状態です。

そのため、今度は同じ結果をたどらないように、復縁直後にこれからの付き合い方を本音だけで話し合っておくべきでしょう。

また、デートを重ねて再び彼氏と彼女としての関係を築き直していく必要もあります。復縁から結婚という流れもありうるので、彼氏が家族になる可能性を考えながら付き合っていきましょう。

復縁に向けたプロセスを大切にしよう

復縁に向けたプロセスを大切にしよう

失恋した直後は元彼に未練があり、すぐに復縁に向けて行動を起こしたくなる人もいるでしょう。

また、アプローチに必死になりすぎて、プロセスを無視していきなり抱きついたりする人もいるでしょう。

しかし、これらはあまり復縁を目指す際には適したアプローチとは言えません。復縁は元彼との距離感を慎重に測り、焦らず出会いからやり直すような気持ちを持って、長期戦で挑みましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次