ごあいさつGREETING

ご不明な点・ご質問等
お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせ

メニュー

理事長ごあいさつ

骨髄移植は、患者さんにとってはかけがえのない生命線です。
移植医療には提供者(ドナー)が必要です。
ドナーは市民の善意によって成立します。日本の移植医療は、国際的に評価しますと、残念ながら低レベルにあります。しかし、当会の目指す骨髄移植はかなり成果を上げています。移植医療全体の中では一番成功していると言えましょう。しかし、骨髄移植も、先進国に比べますと、決して上位を占めるまでに至っていません。
現状より更に一歩進める必要があります。われわれの努力は更に発展させなければなりません。
宮城県におけるドナー登録運動は発足後25年になります。今後も患者さんの生命線を守るために切磋琢磨して従来どおり、あるいは従来以上に励んで参りましょう。

一般社団法人宮城骨髄バンク理事長  吉永 馨